ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アトーチャとゲルニカと…。

 数日前、ニュース画像にこんなの出てましたね…。

今年の春、マドリードの南部にあるアトーチャ駅での爆発テロの瞬間…。ここは東京で
言えば上野駅みたいなもんで、南部のコルトバやアンダルシア地方に行く列車が発着
するとともに、通勤で使う人も多数いらっしゃいます。吾輩も99年の欧州蹴球一人観戦
旅の際、実はここの近くを通りました。目的はレアルの試合ではなく、アトレチコでしかも
UEFA杯でしたが。
 このアトーチャ駅の近くに、ソフィア王妃美術センターがあり、ピカソが戦争の悲痛な
叫びを描いたゲルニカが展示してあります。

 サッカーで遠征すると、たいてい冬で夜がメチャクチャ長い…だから航空券がやたら
安かったりするわけなんだけど、時間があると美術館とか博物館等にも寄ったりします。
 このソフィア王妃美術センターも狙って行ったわけでなく、冒頭にお話したお目当ての
UEFA杯アトレチコ対ヴォルフブルグ(ドイツ)の試合開始時刻が21:45だったので(爆)
かなり時間があったわけなんですよ…。


小一時間の時間潰しで寄っただけなんですが、ゲルニカの本当の絵の目の前で、吾輩
はしばし足を止めて鑑賞していた記憶があります。絵の迫力も凄かったけど、角度を
変えると、表情が変化しているような気がするんですよ。二次元的なもののはずなのに…。

 戦争…そして現代におけるテロの悲惨さと虚しさはいつ解けるのだろう…。
[PR]
by ta_ch1967 | 2004-09-16 12:57 | 閑話休題