ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

あるフットボーラーの死。

 1997年、フランスW杯最終予選。ウズベキスタンに6-3で幸先よく勝ったまでは
よかったが、当面のライバル韓国に逆転負けを喰らい、不安を抱かせながら中央ア
ジア遠征。しかし、そこで待っていたのは、「失望」と「崖っぷち」という言葉だった。
 後半ロスタイム、交代出場のエフティエフが中央エリアにいたズバレフにパス。この
日先制ゴールを挙げた秋田のマークがこの時間…長身FWに完ぺきに仕事をさせな
かった秋田がこの時間に限ってマークを外していた…ズバレフはボールに反応し、
シュート、ゴールマウスを守っていた川口の懸命のセービングも届かず、痛恨の一撃。
a0024005_3171755.jpg


 この試合を最後に加茂監督は更迭され、岡田武史コーチが監督に昇格した。

 きのう、日刊ゲンダイを読んでいたら、気になるくだりがあった。
「ズバレフが昨年秋に暴漢に襲われ命を落とす…」

こんな話をなんでゲンダイが知っていたかは知りませんが、なんと日本の前に立ちは
だかったストライカーがあっけない最後を遂げるとは…。

 アルマトイにはビザの関係でいけなかった無念、97.11.8の最終戦も仕事では
いけなかった…実際この目には焼き付けることができなかった選手だが、死んでし
まったとはねぇ…。

 明日カザフスタンはU21クラスの若手を編成してくるそうである。そして監督はアルマ
トイの悪夢を演出したカザフスタン代表でサイドをやっていたティモフィエフ氏である。
日刊スポーツフランスW杯予選1面記事
[PR]
by ta_ch1967 | 2005-01-29 03:16 | サッカー