ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

狭軌の桜。

 日本に鉄道が導入されて133年余。英国の技術援助で1067㎜というレール幅で
建設された。メートルで表記すると中途半端な数字だが、フィートに直すと3フィート6
インチ。当時もいまも国際的には1435㎜が標準軌。山がちな地形で、まだ国際的
に自立(開国)したばかりの日本の経済的な体力を考慮して、1067㎜を採用したらしい。
 日本では1067㎜を標準軌と呼ぶ人もいるが、国際的には"狭軌"と称される。鉄道
を知らない人にはチンプンカンプンでしょうが、国鉄の血を受け継ぐJR各社、西武、
東武、小田急、名鉄、南海等、JRと関東の私鉄はこの軌間を採用している。
 標準軌は関東では東京メトロ鉄銀座線、丸の内線、京成、京急、都営地下鉄浅草
線、関西の私鉄の大部分はこの軌間。おっと、新幹線も採用しております。

(日本には京王と都営新宿線、都電が採用している1372㎜もあり、これは東京の
路面電車の前身が馬車鉄道であり、その主流の軌間をそのまま流用したようだ。
馬車軌、または偏軌と呼ばれる。京王帝都の本線がなぜこのような特殊な軌間を
採用したかというと、郊外から東京市電(当時)に乗り入れるために採用した。いま
では日本の私鉄では唯一の軌間となってしまったが、京成や京急も乗り入れを目
論でこの軌間を採用していた時期がある)


a0024005_5163870.jpg


 ところで、この前、三重県で乗った三岐鉄道北勢線、近鉄内部・八王子線はJRが
採用する1067㎜軌間よりさらに狭い762㎜という幅。狭軌と区別をするために特殊
狭軌という呼び名で呼ばれることが多い。ただ、この軌間はすでに絶滅種に近く、こ
の線以外には黒部峡谷鉄道ぐらい。しかもこの線は登録上産業鉄道が旅客を扱っ
ているため、地方鉄道としては三重県の3線が現存する唯一に近い軽便鉄道、とい
うことになる。一般にナローゲージと呼ばれてるのは軽便鉄道。明治末期に簡略化
した法律で軽便鉄道法を発布し一大鉄道敷設ブームが起こり、大日本軌道という会
社も設立されたりした。

軽便鉄道法
 このうち、普通の軌間に改軌された鉄道は新静岡~新清水を結ぶ静岡鉄道だった
り福島と飯坂温泉を結ぶ福島交通、軽便鉄道→私鉄→国鉄という複雑な経緯を持つ
JR西日本の可部線も軽便鉄道の末えい。

【追記】
軽便鉄道が衰退したのは路面電車と同じ理由で、60年代の高度成長期のモータリ
ゼーションに伴うの変化で車、道路整備が進んだため。もともと軽便鉄道は地方の
過疎地域を走っている場合が多く、需要が少なかった。また、戦前でも戦争激化に
ともなう不要不急路線として廃止に追い込まれた路線も少なくない。(こういうところ
から金属類を供出しなければいけないほど、日本は疲弊していた)
[PR]
by ta_ch1967 | 2005-04-30 05:07 | 閑話休題