ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

始まりましたYO! ワールドユース。

---------------平山----------
-----苔口------------------
----家長--------兵藤--------
------本田------機動戦士---
-水本--柳楽---増嶋---北斗-
------------西川------------

前半20分まで
 
兎に角、オランダの出脚が早い。日本サイドのボールで始まり、タテに入れたん
だけど、すぐボールを奪われてしまった。兵藤と北斗のスペースが完全に狙われ
てる感じだ。7分に日本の右側がキレイに三角のスペースが空き、そのスペースか
らゴールを許してしまった。その後もオランダの左から展開するスペクタクルな展開
に日本は防戦一方。いったんオランダの攻勢がやんだと思われた18分にも日本の
右のスペースが使われ、2点目を許してしまう…。
a0024005_12411869.jpg

 
 調べてみたらオランダの左サイド、クインシーが、ドリブルで展開しバベル、ア
フェライにつなぐというパターンが多い。1点目はこの3人がつないで最後はアフェライ
が得点。2点目もパターンは同じだが、クインシーからバベルへ。

20分以降
兵藤のクロスを家長がヘッドに合わせるが、惜しくも枠外。ようやくオランダの攻勢は
落ち着いてきたものの、相変らずボールはオランダが支配している。日本は早い段階
で2失点を喫してしまったため、後手後手を踏んでしまっている。平山もかなりライン
の底までフォアチェックしている状態で、全体的な守備の建て直しが必要。
前半40分のところで苔口に代え、カレソ投入。

 ようやく濃密な、ほろ苦い前半終了。よく2点にとどまったな。
兎に角、日本の右サイドの決壊を契機に何もできなかった、というのがいまの感想。
ハーフタイムにどれだけ修正できるだろうか?

ボールポゼッション
オランダ67% 日本33%

人間力アゲイン?(苦笑)




【後半】
---------平山---カレソ-------
----家長--------兵藤--------
------本田------機動戦士---
-水本--柳楽---増嶋---北斗-
------------西川------------

後半20分まで
キックオフ直後、また再びクインシーの攻撃から始まった。うまくDFがクロスボール
をクリアしたものの、日本の右を突く姿勢は変わらないようだ。
 オランダもFKを得て強烈なシュートを打つが、西川が横っ飛びセーブ。その後も
オランダ主導ながら一進一退の状態が続く。本田がヘディング、その後もカレソから
のパス2発打つがなんと後半19分にその本田を代え、水野IN。

 この交代には「?」がついたが、その水野が大仕事をやり遂げる。後半23分にFKを

得ると、
水野FKが平山の頭にドンピシャ、劣勢だった日本に待望の1点!

---カレソ---平山---森本----
------------水野-----------
------兵藤------機動戦士---
-水本--柳楽---増嶋---北斗-
------------西川------------

後半33分
家長→森本

残念…カレソの決定的な場面やロスタイムに森本の惜しいシュートもあったけど、点差以上に完敗。

完敗だったけど、水・水が本当に生き生きした動きに萌えました、ベナン、豪州
から勝ち点奪おう!

ボールポゼッション
オランダ65% 日本35%


この試合で一番落ち着かなければいけなかったのは熊タンか(ニガワラ
[PR]
by ta_ch1967 | 2005-06-11 03:25 | Blue/Red/Yellow