ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

日本対オーストラリアプレビュー。

この試合は負けられなくなった。オランダが決勝T進出にともない、A代表経験者を休養に充てる。是が非でも勝ち点3を獲らないといけない。3戦目もこのような布陣でいくと思われる。
------カレン---平山----------
------------兵藤-------------
-家長-------------------北斗-
------本田------機動戦士----
--水本------増嶋------柳楽--
-----------西川--------------

 このチームは平山や兵藤など大学へ進んだ選手が中心になっているが、実際、チームを組み立てているのはJ1経験の豊富な水野だったりする。素材としては見限れないのだろうが、そろそろ水野の先発を見たいものだ。しかし、思ったように勝ち点を取れなかった弊害もあり、あまりいじくらないはず。

ボランチには本田か梶山で、相手が守備専任の機動戦士祐三。オーストラリアは今後、アジアのライバルとして戦う相手だし、ここでなめられた戦いはできない。ベナン対オーストラリア戦の際は個の力強さよりは組織だった動きが多く、このグループの中ではもっとも戦いやすい相手だと思うが、老獪な駆け引きも持ち合わせているので注意。平山の高さは武器だが、ここ2戦は頼りすぎてここと兵藤へのボールが狙われることがあり、散らすことも肝要。家長や本田の積極的な前への飛び出しに期待。水野の出番は後半からだと思うがなんとか、熊タンの考えを覆すようなスーパーな動きをして欲しい(完全に要望w)
[PR]
by ta_ch1967 | 2005-06-18 15:16 | Blue/Red/Yellow