ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ゆきゆきて、流山。

 柏レイソルのホームタウンのひとつでもある、流山市。柏の葉競技場の最寄駅でもある江戸川台駅も行政区分としては流山市に属する。江戸時代、利根川から江戸川、さらに幕末に利根運河が開通し、一気に水運の要衝として栄えた街である。
a0024005_23184937.jpg

約25年前のマンガ、すすめ!!パイレーツの頃からなんら変わらない、流山…。



ということで車だん吉気分でJR武蔵野線・常磐線新松戸駅改札から横断歩道を渡ってすぐ、マンションと武蔵野線の高架下の一角にある総武流山電鉄幸谷(こうや)駅から乗ることに致しました。
a0024005_2320024.jpg

 JR常磐線馬橋駅から流山まで全線乗っても190円、全行程6キロもない、超ローカル私鉄。大正5年に常磐線のルートから外れた流山の人たちが醤油などを運ぶための鉄道として開業。全線にわたり単線。途中の小金城址で電車は交換する。
a0024005_2512595.jpg

a0024005_23205827.jpg

 ここの町は新撰組の近藤勇と土方歳三が最後の離別をした場所としても有名。近藤隊長が自分が投降することで新撰組の残留兵の安全を図ろうとし、土方はこのまま北上し、会津を経由し函館に逃れた。当時、水運で活況を得た街で、幕府軍を募ったようである。
 造り酒屋の長岡屋(現在も酒問屋として「秋元」と改名して陣屋跡隣りに現存している。
a0024005_2544361.jpg

 ここから市役所近くにある流山市博物館にてTX開業企画、『 醸造のまち、流山 -酒・みりん・醤油・味噌-』を開催しており、流山の歴史に触れることができる。
 ここで意外だったのは、この街でみりんが初めて作られ、醤油、日本酒醸造の街からみりんの街として栄えたこと、またみりんは調味料ではなく、はじめはアルコール度の低い飲料として作られた、ということだ。
a0024005_2322657.jpg

a0024005_0415934.jpg

【おまけ・流山にライオンがw】
[PR]
by ta_ch1967 | 2005-09-01 23:42 | この街のどこかに。