ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

世田谷で見た、イスラムの輝き。

 きのうは丹古母鬼馬二の幻影を探しに砧公園まで行ったわけではなく(笑)、こちらへ行ってました。世田谷美術館で開催されている、「宮殿とモスクの至宝 ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館所蔵 イスラム美術展」。ロンドンにある同美術館から貸し出された9世紀から19世紀のイスラム美術品を展示してある。
 先週、松戸で「ペルシャの曙」展を観覧したけど、松戸の方が年代的に古い時代を取り扱っており、どちらかといえば学術的見地の高い展示物だが、こちらの美術展はイスラム帝国が隆盛を極めた時代の展示物が多い。
a0024005_13462077.jpg


 イスラム教は実質偶像崇拝を排除しているものの、年代と場所によっては寛容になっていた時代もあり、イランのカージャル朝2代目王ファトフ・アリー・シャーの肖像画なども展示。当時、最先端の技術を誇ったガラス装飾品や絨毯、コーランの言葉を象ったタイル、ラスタ彩陶(斎藤大輔ではないです 謎)は美しいです。

入場料1200円
博物館の中で音声ガイドが貸し出されており、500円。

 最寄駅は東急田園都市線用賀駅から徒歩17分。休日のみ、二子玉川駅から直行バスあり。
バスだと田園調布~千歳船橋駅を結ぶ東急バスで「美術館入り口」下車。成城学園前駅~渋谷駅を結ぶバスからは「砧町」下車。
[PR]
by ta_ch1967 | 2005-10-26 14:01 | 閑話休題