ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

スコットランドのキープレイヤー。

神戸で行われた試合から今夜の日本対スコットランド、試合のキープレイヤーを何人かセレクト。
a0024005_1304764.jpg
a0024005_1354196.jpg
 FWクリス・ボイド。スコットランド・プレミアの得点王。キルマーノックからシーズン途中移籍にレンジャースへ移籍した。ポジショニングが非常に的確でゴール嗅覚が鋭い。





















a0024005_1374760.jpg

a0024005_145398.jpg
 そのボイドに先制ゴールのラストパスを出したのがMFダレン・フレッチャー(マンチェスターU)。ブルガリア戦では彼がボールの起点となり、ゲームを作っていた。




a0024005_1482895.jpg
そのフレッチャーとコンビを組んでいたのがセベリン。彼が相手の攻撃の芽を摘む汗かきタイプ。





a0024005_13163964.jpg

a0024005_14173514.jpg
アンダーソン(アバディーン)はどちらかといえばガツンと前へ出てくるハンマー系CB。日本で言えば大岩とか箕輪に近いプレースタイル。しかしCBで背番号11って森岡かよ?w







a0024005_14221341.jpg
 そのアンダーソンと組むのがキャプテンマークを巻くウィア(エバートン)。ジェフにいたミリノビッチと背格好(といってもこちらは191センチ!)とプレースタイルが似ている。







a0024005_13191865.jpg

a0024005_14283662.jpg
三都主の対面になるはずのイングランドプレミア・ウィガン所属のティーレ(エルゴラではバークだったが)。彼が右サイドを衝くが、バランスを取るタイプ。だが一瞬のスピードは速い。2点目のとき右CKを蹴り、3点目はティーレのオシャレヒールで流してアシストした。




a0024005_1325177.jpg

前半で2点を取ったボイドに代わって入ったのがFWマクファデン(エバートン)。ティーレのボールを受けて3点目をゲットした。この人もFWながら背番号5.古賀?w
[PR]
by ta_ch1967 | 2006-05-13 14:36 | Blue/Red/Yellow