ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

オシムJAPAN イエメン戦

AFCアジアカップ2007予選 第2戦イエメン戦(8・16/スポナビ)
イエメン戦・巻誠一郎コメント(JsGoal)
イエメン戦・佐藤勇人コメント(jsGoal)
イエメン戦・阿部勇樹コメント(jsGoal)
イエメン戦・羽生直剛コメント(jsGoal)
イエメン戦・佐藤寿人コメント(jsGoal)
イエメン戦・オシム監督コメント(jsGoal)
  TV画面で見てみると本当にドン引きな相手だったんだなと思うね。日本側を俯瞰しながら映すと全然イエメンの選手が出てこないんだもん(笑)。そんな引っ込み思案な相手を引き出さなければならないのに、前半の日本はアクションに乏しい動き。

イビッツアの話から
Q:後半開始から羽生選手を入れた意図と、指示の内容は?
「そんなに面白い問題でしょうか? 羽生のプレーは、そんなにすばらしくもひどくもなく、平凡なものでした。指示は単純で、サイドに開けということです。彼には詳しくは説明しませんでしたが、サイドに開くことで相手もサイドに開かせることができる。イエメンには小さく早い選手がいたので、彼を羽生に付かせることでスペースが生まれると思いました」


 イビッツアの意図を汲むように、羽生が入ってから動きが活性化するが、なかなかゴールは奪えない。シュート数30、セットプレイも多数あったけど、シュートが枠外だったり、得点機に結びつくようなプレイは少なかったような気がする。
 しかし、羽生の頑張りがCKを呼び、三都主のCKから70分に阿部勇樹のヘッドで先制ゴール。ようやく均衡が破れるが追加点もままならず。このまま終わりかと思ったロスタイムに途中から投入された寿人がダメ押しゴールを奪って2-0.ここで終了。
 
【追記】
 結局、引き気味の相手に対してポゼッションを高めても意味がないわけで、相手のスペースを空かせるために日本側からアクションを起すしかない。そこでミスをしてカウンターを喰らうのを恐れていたのか、それとも暑いコンディションやキツいトレーニングのせいないのか、前半本当に動かなかったねぇ。
 ま、少ない練習時間などを考慮すれば、予選に勝つ(勝ち点を加える)という最少の目標が達成したわけだから、よしとするしかないでしょう。本格的な強化はまだまだ先だと思います。次のサウジ、イエメンアウエーでは環境的にもっと過酷だと思うので、兎に角負けないことが必須条件。
 
 
 
[PR]
by ta_ch1967 | 2006-08-17 12:14 | Blue/Red/Yellow