ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

レイソル鹿児島キャンプ(3)2・7名古屋対柏(後半)【更新中】

 レイソルは後半、メンバーを全員チェンジ、新戦力阿部吉朗を左MF、阿部嵩を左SBに起用します。練習生のカマジは昨年何度も特別強化指定で試合に出場をしているので、違和感なくプレイ。
a0024005_13355286.jpg

 前半と比べると昨年のレギュラーが少ない布陣ですが、スピードのあるドゥンビア、柳澤、藏川がJ1相手にどれだけ通用かがポイント。名古屋はそのまま交代選手を入れずに後半をスタートします。
a0024005_13451853.jpg

【レイソル後半】
--ドゥンビア---長谷川----
吉朗----------------柳澤
------靖樹--俊太--------
阿部嵩--カマジ--近藤--藏川
    (練習生)
----------雄太-----------





 キックオフはレイソル。ツートップはFC岐阜から戻ってきた長谷川悠と東ジボアール一丁目の雄、ドゥンビア。
a0024005_2352769.jpg

 気のせいか、悠の体つきが一回り大きくなったような…
a0024005_2363444.jpg

 レイソルの左サイドは阿部嵩、阿部吉朗、カマジの流経ライン。特に年齢が近い嵩とカマジは息のあったところを見せる。
a0024005_241583.jpg

近藤が後半のヨンセン番。
a0024005_2424734.jpg

 後半のボランチは俊太と靖樹。
a0024005_313930.jpg

 後半始まってはリフレッシュされたレイソルが主導権を握るも、細かいパスミスも出始め、時々逆襲を喰らうようになる。そして均衡が破れたのは後半15分頃。レイソルのDFラインがかなり高い位置まで上がったその隙にボールを奪われ、左サイドから前線でボールが出るとヨンセンが反応し、右エンドからヘッドでペナルティエリアにボールを流し込み
a0024005_333983.jpg

 それを増川がスライディングで拾い押し込むように入れ先制。
a0024005_374125.jpg

 レイソルも負けじと後半25分、右サイドの藏川が爆発力のあるドリブルであっという間に名古屋の右サイドを侵食。センターラインを超えたあたりに右で展開する柳澤も連動しながら動き、
a0024005_3101621.jpg

 一度ヤナギにボールを預け、ペナルティエリアに驀進!
a0024005_3223060.jpg

 気がついたらクラ、得点してましたよ、レコ婆さん(名指し)
a0024005_324629.jpg

 名古屋がここで動き
ヨンセン→杉本
吉村→須藤
阿部翔平→竹内
となるが、名古屋はここで混乱をきたす。投入した須藤が「4バック、4バックだよ」と周に確認を促している。マークも混乱気味だった。それでも名古屋は投入した杉本のスピードある攻撃を中心に建て直しをはかり、レイソルのゴールに迫る。
a0024005_325442.jpg

 4バック
-----玉田------杉本--------
-------藤田-------中村-----
--------須藤----山口-------
-本田--米山----竹内--増川-
   (練習生)
-----------楢崎-------------
 実は前半からずーっーと藤田が中盤の底に下がりっぱなしで名古屋のDF陣は4バックといってもフラットというよりは左肩上がりだった。
a0024005_12442963.jpg

 ドゥンビアや柳澤、クラのスピードあるカウンターが疲れの見える名古屋のDFの裏を攻略するも決めてを欠き
a0024005_12452097.jpg

 試合終了。
【さて、総括はのちほど】
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-02-13 13:16 | レイソル