ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

北京五輪アジア2次予選シリア戦雑感。

北京五輪アジア2次予選 U-22シリア対日本(スポーツ・ナビ)
a0024005_20313195.jpg

【東京でのシリア戦、攻めあがる晃樹】

 前のエントリーで紹介した日本代表強化短期合宿練習試合のあとは通勤で、職場でシリア戦を見るいつものパターン。
 ちょうど晃樹ズドーンと決めたミドルシュートは手がすいたときだったので見ることができた。水本も出場し、ジェフ的には見所(エースケのベンチレポートにはびっくりしたが)はあった。でも、レイソル的には…ミノル投入時間も正直微妙だし、チュンソンの至っては出番なし。選手の選択肢とチームの指揮権は反町にあるとはいえ、使いきれないなら同じチームから主力FWを2人も持っていくなよ、ボケッだよね。2人を国内に残したとしてもレッズに勝てたかどうかは兎も角(プレスを避けるためにロング&ミドルパスで前線にタテポンだったからね)、リーグ戦に影響あるような選び方はやめて欲しい。
 兎に角、無事で帰って来いよ。






【追記】 前回のシリア戦でチュンソンも対応に苦慮した人海戦術のDFの謎を解き明かしたのがスポーツナビの渡邊浩司さんのコラム。
成長を感じさせたシリア遠征(1/2)北京五輪アジア2次予選
成長を感じさせたシリア遠征(2/2)北京五輪アジア2次予選
a0024005_2116211.jpg


若年層で結果を出しているシリアだが、上のカテゴリーでは芳しい成績を残していない。これについて、サッカーの指導を専門とする長谷川さんはこう説明する。

「小さいころは個人技だけでも勝てるけど、大きくなってくると戦術的なものを磨いて組織でやっていかないと難しくなる。シリアはあまりディフェンスをしないんです。ラインコントロールもしっかりとできない。U-22代表もそうで、個人の能力に頼った守備なんです。それに、そういうのを教えられる指導者もいない」

 なるほど、だから人数ばかりに頼った守備しかできないわけですな。文明と交通の分岐点・シリアで反町ジャパンは最終予選を決めたけど、もう一段階チーム作りを進める必要はありそうだ。
a0024005_21115923.jpg

[PR]
by ta_ch1967 | 2007-04-19 20:57 | Blue/Red/Yellow