ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ありゃ、日本が優勝しちゃったよ(笑  

スイス3-4日本(スポーツナビ)
 前半、スイスの左SBのマニンの突破から数々のチャンスを作られ、前半10分のFK、その直後にマニンからFWヌクフォーに出したパスが吊男の手に当たる不運でPK。立て続けに2点を失ったときには数年前のU-20W杯オランダ戦の冒頭を思わせる展開だった。これがいつもなら負けパターン、アウエーの経験ができて良かったねで終わっていた。
 
 ボールがとれない、維持できない、パスも不発。コンパクトに中盤を保ち、ラインを高く維持するスタイルは日本がお手本にしなければスタイル。サイドの守備は崩壊に近く、俊輔や松井までもがペナルティエリアまで引っ張られるていたらくだった。しかし、俊輔がここまで下がって守備するのは彼自身にも心境著しいものがあるのかもしれないな。

 前半はなにも出来ない状態だった。しかし、この日先発で起用された松井大輔のドリブルと懐の深い切り返しで、少しの光明が見えたかな、というところでロスタイムもなく折り返し。
a0024005_16371827.jpg


 日本のメンバーの交代は無かったがスイスはチャンスの起点だったマニンが外れ、控えを起用していく。
 後半の立ち上がりはどちらかといえば日本が主導権を握った。松井がドリブルでチャンスを作り、ベーラミが、たまらずうしろから足を引っかけてしまい日本がPK獲得。キッカー俊輔が冷静に決め1点を取り返す。

a0024005_16365519.jpg

 22分にはFKからファーに吊男、ニアに巻! 巻でさえ持て余すスイスの大型DFの執拗なマークを抱えながら泥臭くゴール!

 32分にも途中松井と交代で入ったサトルの粘りでCKを獲得。セットプレイの攻防の中でペナルティエリアでベーラミが巻を引っ張ったという判定でPK。
再び俊輔の美しいゴールであっという間に逆転!

 思わず興奮してひざで寝ていたひなチャソを吹っ飛ばしてしまったごめん、ごめん(w

 しかし、喜びもつかの間、サトルが不用意にCKにしてしまい、やはり途中交代で出場していたきしおがスイスの2番のマークを振り切られ同点に…。善戦もここまでか…と思ったが…

 試合もロスタイムに入り、啓太のロングボールからサトルがワンタッチで折り返し、中央にいた憲剛シュートを放つもスイスのGKが間一髪セーブするが、こぼれた球を


きしおが勝ち越しゴール!!!!!!


 起死回生、なんとこの大会で最強だったはずのスイスに勝って三大陸トーナメントを制しちゃったよ!
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-09-12 17:08 | Blue/Red/Yellow