ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

勇人の復帰と秋津にイビッツァ御大登場。

 さて、きょうは流通経済大とのTG。用事を済ませてから習志野市秋津サッカー場へ向かいました。すでにカクテル光線は煌々とピッチを照らしていましたが、相変わらず暗いな、ここ。オレンジと乳白色の光が混合しているので、黄色いユニを撮影しようとすると写真が全体的に「3丁目の夕日」(セピアっぽい色彩)になるんだよな。


 と思いつつ、スタンドへ上がろうとすると巨体をくねらせたご老体、うわっ、いきなりイビッツァがひとりで階段に立ちながら、なにやら携帯でヒソヒソ。電話終了後に「ダンケ!」とひと言言い残し、普通にベンチシートに座っちゃった。なんの前触れもなくイビッツァ御大が登場したので周辺はちょいびびったのか、引き気味に様子をうかがっている(w
 
 そのうちTGが始まるから誰か来るかと思いきやそのままキックオフ。
(途中でオグベン氏が合流。電話の相手か?)


 TGは7番にミドル打たれ、復帰したばかりの勇人が8番に振り切られていきなり2-0。ちなみに流経はレイソル内定のカマジ(鎌田次郎)が主に巻をマーク、ボランチには武井(ガンバ有力)。武井はレイソルのキャンプに練習生として来ていたのでなんとなくわかる。勇人は後半も出場し、だいたい60分ぐらい出場。日曜日のマリノス戦も出場できると思うけど、ちと試合勘が戻りきっていない印象でした。

 TGはその後、ラクがロングパスで羽生を動かし、ドリブル突破でまず1点。2点目はラクのコーナーキックから途中から出場した昇平が合わせて同点。その直後に選手の入れからマークの整理がつかずに流経の武井にシュート打たれて再び勝ち越しを許し、先発後に再投入された新居の2ゴールでなんとか勝ち越し。なんか、立ち上がりとか選手交代とか、マークが緩い時間の失点が多すぎるな…。

 イビッツァの突然の訪問はジェフが気になるというよりは、サッカー好きのおやじがヒマだから見に来たような感じですな(笑)。とくに周りにイビッツァ番みたいな記者がいたわけでもなかったし、半分はプライベートなんだろうな。子供たちと記念撮影しているときの御大の笑顔は飛騨の宿舎の外からサインをねだる少年ファンに向けたやさしい笑顔そのものだった…。
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-11-15 21:00 | ジェフ