ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

レイソル×京都 練習試合

 3年連続で国分にやって参りました。飛行機の中ではマイナス2度とか聞いていたのですが、昼間は太陽に恵まれ絶好のサッカー日和。
a0024005_11294335.jpg

 国分の陸上競技場で試合をするのかと思ったら練習で使っている多目的広場で行われました。しかし、2年前の愛媛FC戦とはうって替わってお客さんの数も多い。でもレイソル目当てというよりは柳沢だったり、シジクレイだったり、勇人や地元出身の田原が目当ての人(斉藤大介の横断幕もあり、サンガサポも何人か来ていた模様。

 レイソル1-1京都 対京都サンガFC試合結果(レイソル公式)

前半はポポがトップ下でユースの工藤がワントップ、左山崎、右がたっちゃん。一方の京都も田原がワントップで柳沢が右、林が左と似たような陣容でスタート。ケガ人が多く、ユースの子がいないとメンバーがそろわないレイソルとJ1昇格後に大幅な補強を行った京都。皮肉なことに京都の方が名前と顔が一致します(苦笑)。それでも、ワントップでワイドな動きを見せる工藤、左サイドからたびたび突破を見せる山崎、中盤で活力ある動きを見せていた畑田が局面でJ1レギュラークラスとガチで渡り合えたのは、彼らにとっては収穫だったのではないでしょうか。
 前半、野太い水谷の鼓舞の声に支えられながら、京都が素早いショートカウンターを仕掛けてきます。しかし、まだ始動も間もないためか、素早い動きでレイソルの守備を翻弄はできるものの、連動性ではまだまだな部分も多くてチャンスに繋がりません。
 一方のレイソルも押し込まれている時間は多かったものの、相手のミスにつけ込んでポポを中心に仕掛けてきます。ポポはCK、FKを蹴ってましたが、ロスタイムにバーに当たる強烈なフリーキックを見せたものの、これが彼の伝家の宝刀ではないですね。
 勇人がマッチアップする場面が多かったけど、だいぶポポ封じに苦労していたようだし、右サイドから一瞬に抜き去る突破力の方が印象的でした。



 後半、京都はがらりとメンツが変えてきますがレイソルは大谷から蔵川、GKが菅野から加藤に代わっただけ。久しぶりにクラのボランチを見ましたよ。後半開始早々に右からのクロスを山崎がボレーで押し込んで先制。メンツ的に厳しいな、と思っていたレイソルの方がまさかまさかの先制ですよ(笑)

 ただ守備的には京都のパウリーニョや渡辺に押し込まれてしまう場面もあり、ややラインが下がったところで徳重にゴールを奪われ同点。何度かオフサイドもあって肝が冷やされる場面もあったけど、1対1でドロー。ユースっ子や鎌田、村上などのニューフェースのがんばりも合って負けませんでした。
a0024005_11301991.jpg
a0024005_1131355.jpg

試合後、安堵の表情を見せるレイソルの面々。

別メニュー組のミニゲーム
a0024005_1132179.jpg

a0024005_12113913.jpg

なぜか、一番張り切っていたのは古邊コーチ(笑)
a0024005_1213785.jpg

帰り間際にまっすんに駆け寄る大谷。「なんでメールくれないんだよ」だって。

※おまけ
a0024005_1752226.jpg

[PR]
by ta_ch1967 | 2008-02-14 12:08 | レイソル