ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

スコアレス無情  レイソル0-0新潟

 この試合、きょうエルゴラを読んで初めて気がついたのだが
a0024005_14392450.jpg

ラクダ充君と
a0024005_1439472.jpg

矢野きしお君が移籍後初の日立台だそうだ。ラクダ君は控えで結局ピッチに出てきたのはウォームアップの時だけだったが、きしお君は先発。

 そのきしお君はFWで出場していたはずだが、途中から右サイドMFでプレイすることが多くなり、前線は9番のアレッサンドロと8番ダヴィ。おそらく、9番を生かすために8番を近いところでプレイさせようとしたみたいだが、いわゆるゴールゲッターというよりはチャンスメーカーなのかな、この2人は。きしお君も実はCFタイプではないとは思うけど、新潟の攻めは淡泊で威圧感はなかった(後半にアレッサンドロから松下に交代。きしおはFWに戻る)。
一方のレイソルの攻撃陣はといえばチュンソンがオシャレヒールを連発するも、それが得点に結びつかない。新潟はある意味”肉弾戦”で体を張ってシュートを止め、人数をかけてゴール前を死守していた。
a0024005_14504925.jpg

ただ、チュンソンはゴール前ではもっと強引にシュートを撃っても良かったと思う。ヒールで流しても、ソレを待っていたかのようにインターセプトを狙われる場面も散見。どうもポストプレイに専念し過ぎているような気がする。
 レイソルの攻撃が活性化したのは皮肉にもノブリンが起用に迷いのあるポポが出場してからだった。やはり途中出場のミノルへ必殺クロスを出すが、シュートは新潟の北野の真っ正面。ただ、こういうチャンスを作れるのはポポだけだろう。いまのレイソルに必要なアクセントだと思う。
a0024005_15304740.jpg

 結局スコアレスドローでこの試合を終えたが、試合終了間際には新潟がシュートコースが空いたらミドルを撃ってきて、そのシュートが枠を捕らえていたので冷や冷や。雄太がファインセーブを連発してことなきを得たものの、どう転んでもおかしくない試合だった。
a0024005_14561155.jpg

 いまのレイソルは守備から考えて4-1-4-1のシステムを構築していると思うけど、フランサや巌がケガでいない現状を考えると普通に4-4-2に戻した方がいいのかも。大谷と茂原が左サイドで持ち味を殺し合っていたし、チュンソンを前に向かせるにはポポと2トップを組ませた方がいい。この試合は1点とれば流れをつかめた。攻撃こそ、最大の防御とはいえまいか?
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-04-07 15:16 | レイソル