ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

TOKYO・TUBEに乗って行くTOKYO M.A.P.S~吾輩のGW・第1日目。

東京の大深度を走る都営大江戸線は個人的に好きだ。車両が小さい断面でロンドンのチューブ(地下鉄)のよう。比較的乗り換えがしやすい門前仲町から使うからだろうか?。六本木とか新宿あたりだと5回階段を折り返さないと地上に出ることが出来ないから面倒ではあるが…。
a0024005_3385667.jpg

 この日の目的地の六本木で東西線を使えば茅場町で日比谷線に乗り換えればOKだが、あえて東京のTUBEで向かう。

で、降りたのが「麻布十番」駅。ここの商店街は六本木の隣だが、昔ながらのたい焼きやがあると思えば妖しい雰囲気のクラブがあったり、多種多彩な店が並ぶ。

ただ、残念だったのが
3月に
a0024005_341734.jpg

「麻布十番温泉」と1Fの「越の湯」が老朽化を理由に閉鎖になってしまったことだ。ここでひとっ風呂を浴びてからビール最高!だったのにな。
a0024005_3425045.jpg

 麻布十番温泉から六本木方面に向かい、左側の路地に入って白いマンションの1Fにあるのが「海南鶏飯食堂」。週末は予約がないほどの人気店だが、GWはお昼なのに意外なほどお客が少なかった。以外と休日の穴場なのかも知れないな。
a0024005_3444921.jpg




ここから本題です(笑)。

きょうの目的は J-WAVEと六本木ヒルズのコラボでMIYAこと宮沢和史がセレクトしたアーティストが共演する企画。4日は沖縄音楽が色濃い構成でした。
TOKYO M.A.P.S
a0024005_06251.jpg

 六本木アリーナはテレビ朝日の社屋とJ-WAVEけやき坂スタジオに挟まれた空間を利用した屋根付きイベントスペース。昼の部は我如古より子グループに加藤登紀子、元DA・PANPの宮良忍、全盲のボーカリスト新垣勉、GANGA-ZUMBAにも参加している大城クラウディアが出演し、三線とロック、沖縄民謡あり、カチャーシありと多彩。J-WAVEの昼の番組にもオンエアされた。

 印象的だったのは加藤登紀子が唄う「I Love You」もちろん尾崎豊のカバーで、彼が18歳の頃、日比谷の野音で反核ロックイベントで骨折しながら精力的に唄う姿に感銘したようだ。
a0024005_062647.jpg

【会場でサッポロビールのブースでVIVAFINEを買ってルーレットに挑戦したらもう一本もらっちゃいました(笑)】 インターバル3時間を経て、夜の部は宮沢和史率いるGANGA-ZUMBAのコンサート。コチラの方が本命だった。実はGW中に東京・大阪・名古屋でライブがあったのだが、全部仕事で行けず。でも、この日の1時間超ライブで満足しちゃいました。この模様は6日の18時から放送されるらしい。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-05-05 00:11 | この街のどこかに。