ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

五輪代表でチュンソン孤軍奮闘。

 五輪代表練習試合のもうひとつのお目当てはチュンソンだ。この日は先発で出場し、山形の豊田と2トップを組んだ。ジェフのキックオフから始まったこのゲーム、ホイッスルが鳴ると同時にボールをガンガン追いまくる。このへんはノブリンからも「前線からのプレス」を叩き込まれているのでお手のものだろう。豊田がトップを張り、チュンソンはやや下がり気味でプレイ。

 ただ、中盤との呼吸が今ひとつなのか、あまりいい形でボールをもらうことが出来ない。もちろん、ジェフ側からも激しいマークを受けているのだが、中盤はいったん「外」という意識が見え隠れする。せっかく、チュンソンが走ってスペースを作っても、走り込み、パスみたいなのが不発。
a0024005_13533040.jpg

 それでも、独自にゴール前に迫り、シュートレンジまで持ち込むもGK中牧の好セーブでゴールに持ち込めない。もともと持ち時間が30分程度だったらしく鹿島の興梠と交代。
a0024005_1473726.jpg

a0024005_1354454.jpg

 中盤はOA枠の遠藤を想定して作っていたことは見て取れ、チュンソンがいったんボールをもらうために下がらないといけない場面が多く見られる。レイソルでも王様フランサのサポートするチュンソンとしては苦にならないだろうが、このままではチュンソンのゴール嗅覚を生かし切れないと思う。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-07-10 14:43 | Blue/Red/Yellow