ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

希望と焦燥の間で…ジェフ0-1G大阪

 今回はちょっと余裕を持って家を出てきたので、千葉駅からフクアリまで一人歩きんぐをしてみました。そういえば、粋犬会恒例のイベント、歩きんぐは今年は開催していないみたいですね。

千葉駅から千葉中央駅、そこから国道357号に出て
a0024005_912187.jpg

a0024005_9123559.jpg

寒川大橋を南下。途中、銭湯を2軒ほど発見していて、汗だくだったので入りたかったのですが、どうせ試合で汗かくのでガマン。アリオで寄り道したりしたので正味1時間だったけど、歩けない距離ではないな、と思ったw(夜の寒川大橋はちょっと渡りたくないけど)。
a0024005_9131114.jpg

製鉄所跡のオブジェ、インゴットケースの模型が見えれば
a0024005_9134737.jpg

すぐそこにはフクアリ。




試合を振り返ると本当に口惜しいですね。


 前後半+ロスタイム(前半1+後半3分)の94分の攻防はロスタイムに激しく動きます。
後半終わり間際に二川と交代で出場した山崎が放ったシュート。それまで再三ファインセーブを見せていたグッピーが触ったもののゴールを許してしまいます。

 それでもあきらめないジェフはカウンターでガンバゴールに迫りますが、エドがシュートレンジに入る前にすでにバック側の副審がフラッグを上げ(対象は良太か?)エドのゴールは取り消しになってしまう。無常にもホイッスルが鳴り響きタイムアップで終了。

 この日のガンバは2週間前に日立台で見た時よりも、さらに精彩を欠いていた感じがします。遠藤がいなかったのはもちろんですけどね。
バレー、ルーカス、二川のトライアングルにどう対処するかがポイントでした。ジェフの守備網はルーカスにポイントを作らせずによく対応できていたと思います。
 一方の攻撃では右サイドからヤザーが再三突破、対面の安田に仕事をさせません。左のネモも労を惜しまぬアップダウンを繰り返し、前半だけならジェフが主導権を握ってました。

 後半はガンバが反攻に転じて激しく攻められるものの、前述通りにグッピーが神セーブを連発。ジリジリDFラインが下がり、ガンバのチャンスが続きます。顕著になるのはバレー、倉田に代えて佐々木、平井を入れてから。特に、右サイドから佐々木が再三チャンスを作ります。
 一方のジェフは両サイドのネモ、ヤザーをレイナウドと苔口に代えますが、攻撃は活性化せず。苔口はどフリーで突破したにも関わらず、シュートが打てず。失敗を恐れずにチャレンジして欲しかった。 ガンバの息の根を止めるチャンスもあったのに、チャレンジしなければ未来は開けません。
ミラーも交代枠をひとつ残すのなら、もう一枚、シュートを臆せず撃てるヨネを使ってみるのも一考だったでしょう。
a0024005_9142759.jpg

千葉マリンで大勝後に駆けつけた千葉ロッテのベニーとオルディズの応援も届かず。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-07-21 09:16 | ジェフ