ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

五輪壮行試合、日本対アルゼンチン、その中にセルヒオ・バチスタがいた。

 きのうは激しい雨の中で壮行試合を観戦方々はおつかめ様でした。

仕事場と国立はわりと近いんですが、会社の窓からも激しい稲光でフランサ様が大暴れしておりました。後半39分打ち切りは致し方ないところ。リケルメが審判団に執拗に試合再開を即してましたが、親善試合でも全力で勝つつもりだったんでしょうね。

ところで、そのアルゼンチン五輪代表に懐かしい名前が名を連ねていた。その名はセルヒオ・バチスタ監督だ。
86年メキシコW杯でも守備的MFで活躍した彼がなぜかJリーグ開幕の年にJFL2部(旧J2)のPJMフューチャーズに入団していた。
その事実を知ったのはやはり同時期に加入したウーゴ・マラドーナを見に厚木市荻野陸上競技場(東邦チタニウム戦)に赴いた時だった。ひょろっと長身で髭面のバチスタが、まさかこんなところでプレイしていたとは!

 厚木の山奥というシチュエーションもそうだったんだけど、どこか牧歌的で、当時のJFL2部はスピードもなくテクニックも草サッカーレベルでした。そんな中でウーゴとバチスタが異次元のプレイを見せてましたけどね。
a0024005_16561042.jpg

↑こちらはアルゼンチン代表バリバリな頃のバチスタさん。お髭がトレードマークでした。

昨日の記者会見より、現在のバチスタさん

ウーゴよりかなり衝撃的だったよ。当時のPJMは先頃横浜マリノスの監督を解任された桑原さん、コーチにコンサドーレやヴェルディなどで指揮経験のある張外龍さんらが。選手では元古河の簔口とか渋谷、フジタの谷中、のちのフリエの最後の選手会長、前田浩二がいた。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-07-30 16:59 | Blue/Red/Yellow