ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

相手に脅威を与えられない「攻撃」 ナビスコ杯準々決勝2rg ジェフ0-1名古屋

 ただいまムーンライトながらでこちらに帰ってまいりました。上野でブログを更新してます。
0-1でナビスコ杯は敗退しましたが、いろいろ課題が見え隠れした試合だったような気がします。
2008 ヤマザキナビスコカップ 準々決勝 第2戦 名古屋 vs 千葉(瑞穂陸/JsGoal)
a0024005_6143241.jpg


まず、きのうの名古屋の印象ですが1点(アウエーゴールなので実質2点リードか)取っているためか、あまりリスキーには攻めて来ませんでした。ただ、スキを見せれば玉田やマギヌンが仕掛けてきますが、積極的にゴールを狙っていたようには見えません。むしろ、サイドでボールを失ったりパスミスが目立ったり…正直、この日の名古屋は4月のリーグ戦の時と比べてもイマイチでした。
 ただ、それに輪をかけてやりたいことが出来なかったのが、いまのジェフではないでしょうか。プレスでボールを奪っても、全体が動かないのでボールが動かないし、ビルドアップしようにも攻撃の要にはしっかりマークがついてボールの出しどころがなく、仕方なくGKのグッピーのところまで戻すの繰り返し。ヤザーがドリブルで仕掛けたり、新居が中盤の底までボールをもらいにいったはしますが、もう一枚攻撃に誰かが絡まないと名古屋にとっては脅威になりません。

 ジェフの攻撃はボールを持ってから、パスの出しどころを探すので相手の名古屋に守備へ戻る時間を与えてしまい、シュートまで持ち込めないという場面を何度見たことか。

 名古屋も決め手には欠いてましたが、後半15分に小川のコーナーキックから増川がヘッドでダメ押し弾をたたき出します。名古屋はセットプレイでの攻撃が課題だったようですが、ジェフもセットプレイでの守備に課題を持つチーム。ここでもうひと踏ん張りが欲しいところ。

ここで新居に代えて苔口を投入しますが、苔口に裏を取らせるより、まず中盤から質のいいパスが出るように、国王投入して新居に裏を取らせた方が名古屋にとっては脅威だったのではないでしょうか?
 ナビスコ杯準決勝進出のためには、多少リスクをかけてでも攻める姿勢を見せて欲しかったのですが、ついに見せることもなく敗退。 これで結果的にリーグ戦に集中することが出来る訳なんですが、攻めるときに迷っていてはダメ。この日もルーズになったボールをマイボールするチャンスがあったのに近くにいた3-4人の選手がお見合いする場面があったように、誰かがイニチアチブを取り攻めないと勝ち点3がなかなか奪えないよ、という警鐘の意味では非常に重要な課題を突きつけられたような気がしてます。 
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-08-07 07:03 | ジェフ