ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中秋の名月の下で、反撃の狼煙 巻がいる!深井がいる!! ジェフ2-0東京V

 いくら掛け持ちサポでもまさかこんなにジェフの勝ち試合に見放されるとは思っても見なかった08年シーズン。ちばぎんカップのPK勝利とナビスコカップ予選、等々力の川崎戦ぐらいで、川崎戦は仕事に間に合わすために後半30分過ぎに出ていったので、実質0.8勝みたいなもん。よく心が折れずにここまで応援できたもんだ。 レプを変えてみたり、ジンクスを忠実に守ったり…。端から見れば滑稽な小さな努力も実る気配はなかったが…

a0024005_16133539.jpg

いつか、勝つ!それだけを信じ、フクアリへ馳せ参じる。
a0024005_1614410.jpg

今回のシーチケはエド。

 この日の目玉はなんと言っても最後の切り札、深井の起用方法だった。駒大時代は巻とのツートップ。その時代を知っていれば、普通に2トップを組ませるが、ミラーが下した決断はMFの浩平を外し、右に深井。巻の相棒は新居(というか1・5列目)、左にはヤザー。この巻のトップ下3人衆が臨機応変にポジションを変えるということだった。

前半はこの戦術が機能したとは言い難かったけど、右に入った深井が攻守にわたり精力的に動く。深井が前からプレスをかけたり、ボールを拾ったり、守備に駆け回る姿は今年のジェフにはあまり見られなかった。むしろ、名古屋でなんで干されていたのか判らない(笑)前半は0-0のスコアレスで終了。東京Vはディエゴが太め残りに見え、キレがいまいち。それでもボールを持たせると怖いけど、ジェフのDF陣は良く前線とディエゴを分断していたと思う。大黒がDFの裏を巧みに衝いてはいるが、シュートがほぼ枠外に飛んでいく。流れはジェフにあった。





後半アタマからボランチの戸田に代えて浩平を投入。新居がイマイチ乗り切れていなかったので後半は浩平に代えるかな?と思っていたが、浩平を引き気味の「レジスタ」の位置で起用してきた。その交代がドンぴしゃに決まったのは後半4分。

浩平がサイドからもらったボールで中央を突破し、ゴール前へクロスを配球。萩村と競り合いながらもがアタマでゴールにぶち込んで先制ゴール。右足でも十分シュート可能なコースだったが、利き足「ヘッド」を敢行!やはり巻は頭にピンポイントで合わせるより、彼自身を飛ばした方が得点に繋がっていく(笑)

 続く2点目も巻が絡む。ゴール前で競り合った際に萩村と交錯しファウルを誘発、萩村はイエロー。判定はPK。

ここで巻が治療でピッチ外、キッカーは深井。深井がPKを蹴るところは見たことがなかったので不安と言えば不安だったが、難なく決めて2-0。

 その直後に東京Vは萩村が2枚目のイエローをもらい退場。数的には有利になったがこういう場合は得てして守りきられてしまうもの。レイナウド、巻に代わり大輔(終了間技はセットプレイばかりだったが、ほんの一瞬だけFW大輔を見ることができたw)
a0024005_16474159.jpg

a0024005_16484583.jpg


でん繰り返しが見られたのはほぼリーグ戦では1年ぶり?? ホームだと昨年の大分戦、アウエーでは甲府戦以来見てなかったからな。ようやく片目が開いた気分だよ…。
a0024005_16503491.jpg

中秋の名月の下、反撃の狼煙が上がった!
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-09-16 16:45 | ジェフ