ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

国立競技場の悪夢。

ウチの職場は国立霞ヶ丘競技場から地下鉄で10分のところにあり、昼間の試合なら観戦→速攻通勤、という荒技が使えるのだが、きのうはその真逆、仕事がひけてから初めて試合が終わった国立へ行った。職場で仕事をしながら見ていた川崎戦の内容があまりにも不甲斐ないからだった。
a0024005_10335349.jpg

 開始0分、憲剛の滞空時間の長いフィードからテセ。カマジとクラがマッチアップするも巧みに交わして川崎が先制。
 ジューニョのシュートをカマジが体を張って阻止するもルーズボールがまたまたテセ。タニが競る間もなく2点目献上。
さらに憲剛のFKで3点目。これはちょっと取れない。
4点目は速攻がはまりレナチーニョ。

決して川崎がいいサッカーをやったわけではない。レイソルが走れない、競れない、DFラインが引きすぎる。まったく闘えていなかった。正直、ショックだった。

後半から入ったミノルがアタマで入れ、クラがこぼれ球を押し込み2点返すも、そこまでだった。

終了間際にはまたしても憲剛のロングフィードからジュニーニョ、菅野が飛び出すが、ペナルティエリア外で危うく手を使うところだった。ここで5点目を献上する。
a0024005_10534966.jpg


青山門で撤収していた連中とすれ違いざまに誰とは判らぬが「サッカーはそんな甘かね~よ」という声が聞こえた。そう、甘くはない。だからこそ、試合の入り方が重要だった。
この日は「HITACHI DAY」だったが「憲剛DAY」になっちまった。先制と5点目のロングフィード、フクアリでも同じことやっているんだけど、DFが隙があるとみるや必ずやる。憲剛の腹黒さを感じさせる日でもあった。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-09-28 11:06 | レイソル