ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

オリーブの島に響くSHIMAUTA. 宮沢和史弾き語りライブ「寄り道」@小豆島【後編】

a0024005_2331812.jpg

今年で4年目になる宮沢和史の「寄り道」に参加するのは吉祥寺、郡山、那覇、軽井沢に続いて5回目。今年は春にはまったくスケジュールが合わずに半ば諦めていたんだけど、勤務日程が発表になったときに唯一はまってくれたのが小豆島だった。スケジュールがタイトになることを承知で1泊2日の旅を設定。

高松のフェリー港から約1時間、バスで10数分、たどり着いたのが道の駅でもある「オリーブ公園」。ギリシャをイメージした建物、彫刻が並ぶ、美しい公園でした。



公園の中は数十種のオリーブの木が緑色の実を熟れさせています。現在、オリーブ百年祭の中でも重要なイベント「収穫祭」の真っ最中。食用のオリーブオイルを搾取しているそうだ。
a0024005_2351469.jpg

a0024005_243680.jpg

公園のバス停から見る瀬戸内海の島々。
a0024005_2362462.jpg

お昼は会場である「サンオリーブ」内にあるレストランで「ジェノベーゼ」にオリーブオイルライス&スープセットを所望。l小豆島産のオリーブオイルをふんだんに使った贅沢な逸品。オリーブオイルライスは艶やかで食べたときにほんのり甘い。
a0024005_2365881.jpg

食後のデザートは同じ敷地内にある「オリーブ記念館」にあったオリーブソフトクリーム。実は一番コレがうまっった(w
a0024005_2373629.jpg
a0024005_238818.jpg

「サンオリーブ」のテラスから撮影。この上が「オリーブ温泉」になっており、露天風呂からもこの風光明媚な風景が見ることができる。あとでMCを聞いてで判明したが、吾輩の入った30分前にMIYAもこの風呂にはいっていたのだとか。
a0024005_2503033.jpg

いつもなら2時間強のライブ、気がついたら2時間半を過ぎてまして、お客の中にはアンコールで泣く泣く退散してしまった方も。
終ったら18時半過ぎ。近くの草壁港発のフェリーの最終が19時だったからパニクってたわけやね。
吾輩は主催者が臨時バスを出してくれたし、最悪、小豆島最大のフェリーターミナルの土庄からならまだ便はあったので急いではなかったが、どさくさに紛れて草壁港発高松行きに乗る。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-10-14 16:12 | この街のどこかに。