ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

勝ててヨカッタ、と思った(苦笑) 天皇杯4回戦 レイソル1-0草津。

a0024005_00563.jpg

今年もまたかという内容で、表題どおりに勝ててよかったと思いますよ。対戦相手は2006年J2での対戦以来久しぶりのザスパ草津。向こうのゴール裏は「柏バカ一代」に合わせて手拍子と太鼓をするなど、ゲームを楽しんでいたようだ。それはピッチの中も…。

前半は草津が出足がよくポイントになる選手、例えばフランサやミノルに果敢にプレスをかけて消しに行きます。一方のレイソルは連動力がいまいちでした。もともとレイソルがお家芸にしていたプレスから速攻を実践していたのが草津でした。

 しかし、日中、汗ばむほどの陽気のいい天気が草津の体力を早く消耗させたようで次第に運動量が潜めてきますが、思うような攻撃ができなかったのも確か。先月、ラッキーボーイだった村上のクロスは精度が低く、レイソルの放つシュートもキーパーの正面。
 草津はボールを奪うところまでは互角以上の動きをしてましたが、決定力がなかったのが幸い。前半終了間際にタニ会長のヘッドがバーを越えたのがレイソルの最大の見せ場だったようです。
a0024005_015928.jpg

 後半も出足では草津がよかったのですが、ボランチの松下が2枚目のイエローで退場になったあたりからレイソルは息を吹き返します。
しかし、チャンスと思える場面でパスを選択する悪癖をここでも披露してしまいます。本当に我慢に我慢を重ねた上でミノルが後半38分に栗沢からのパスに反応し、値千金のゴール!虎の子の1点を守りきりました。






【久しぶりの柏の葉の感想。】

HPのインフォメを見ずに行ったので途中まではバスの増便のない江戸川台から行こうとしたんだけど、もう一度チェックしておいてよかったわ。


実はレイソルのナビスコカップは全休で柏の葉は今年最初で最後の参戦。いつもはメイン側かゴール裏なんだけど、初めてバックスタンド側で観戦をしてみました。トラックな余計な分、日立台の一体感が生まれないんだよね構造的に。ピッチのコンディションも主審の今村が途中で剥がれたパレット上の芝生をはめ込んでいたぐらいなので見た目は緑のジュータンなんだけれども、ピッチ上は軟らかくて走りにくそうでした。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-11-02 23:57 | レイソル