ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Yes we Can~CHANGE レイソル2-1名古屋

レイソルのゴール裏は「時事ネタ」には機を見て敏だ。米国新大統領に選ばれたオバマ…いやオバカがゲストで登場するんだからな(笑)
そいいえば開幕に花輪を寄せたことを忘れていたよ、律儀だこと~。

a0024005_34102.jpg

ゴール裏にオバマならぬ”オバカ”さんが登場した時には「CHANGE」のカードを掲げていたが、この日移籍以来初めて赤い玉田が日立台に登場。ケガとの影響だろうが移籍から3年近くたっているのに不思議だね。一方、古賀ちゃんもようやく古巣相手に90分フルタイム出場を果たす。やればちゃんと結果がついてくるではないかww

 ところで肝心の試合の方は…

前半に関しては名古屋の速いパス回しにレイソルはついてゆけず。ボールを奪ってもキッチリプレスを掛けて奪う守備はさすがというほかない。レイソルも立ち上がりこそ主導権を握りかけたが次第に名古屋ペース。

試合が動き始めたのは15分頃、菅野がミスキック。おそらく村上からカウンターを狙ったのだろうが、マギヌンが速攻でボールを奪い、その流れでヨンセンが先制…と思ったらオフサイド。しかし、あれは中立的に見たらオフサイドに疑問符がつく。マギヌンとヨンセンが吾輩の座っていたML席付近で歓喜に浸っていたからムカムカッ…でもゴールは取り消し。しかし、その後、杉山浩太がペナルティエリアで倒されたがノーホイッスル。主審の西村、もしかしてバランスを取ったのか???

 しかし、名古屋の波状攻撃に耐え切れずに小川が先制ゴール。

その後も終始名古屋に押されっぱなしだったが、後半、名古屋は露骨に時間を使おうと躍起になる。名古屋も虎の子を守りきろうと大事に行ったのだろう。しかし、流れは変わった。
それまで流れを整えてきたコンダクター、マギヌンに代わり守備的な米山を投入。ここでセットプレイだったのだが、マークが若干あいまいになってしまったのかも知れない。

村上のヘッドのこぼれ玉をミノルが執念の押し込みで同点に追いつく。さらにその2分後。相手が前がかりになったところで、後半から投入されたポポが、タニ会長から出されたパスを思いっきりのいいシュートで

逆転弾をぶち込む。

日立台のボルテージは最高潮!


今度はレイソルが逃げ切りを図るが名古屋が必死こいて時間を稼いだおかげでロスタイムは4分。一向に時計を見ない西村主審に思わず「早くして」とかいっちゃったけど「して」はこの人にはまずいな(自爆)

 兎に角、守りきって7月17日の大宮戦以来、長ーーーいトンネルを抜けて勝利です!
名古屋の方が完成度は高いけど、ほんの一瞬の間隙を縫い、まさしく「yes we can!」を体現する逆転勝利に酔いそうです。

ありがとう、吾輩の○1歳の誕生日に白星はかけがえのないプレゼントです!
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-11-08 23:59 | レイソル