ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「無」からの反撃 大分0-0ジェフ

 大分にも行けず、フクアリでパブリックビューイング(PV)にも行けず。本来「ジェフリザーブス対鳥取」に行くつもりだったんだけど昼に起きちゃった、、、、夜から仕事だったのでPVは土台無理だったし、後ろ髪引かれながら去るよりはマシだったか…。

結局、通勤中に携帯サイトをハシゴしながらひたすら勝ちを願う。
しかし、一向に0というい数字が変わらない…時間がいたずらに経っていく。

携帯の画面を見ながら消耗戦なのか、シュートを外しまくってるか、シュートを譲りあっているのか…もどかしい。

仕事場に着いたとき、スコアレスドローを知る。負けなくてよかったというほかはない。本音は勝ちたかったけど、ナビスコ王者、リーグ4位、最少失点の大分の壁は突き抜けられなかった。もう、ひとつも負けられない状況になりました。残り3試合、横浜FM、清水、FC東京。どのチームを強敵ばかり。

a0024005_1402269.jpg


大分で思い出すのはこの「無」と書いたTシャツ。何の変哲のない、東京でも売っていそうなシャツだけど、吾輩が大分へ初めて遠征に行った時に着替え用が不足したので別府のジーンズショップで購入したものだ。このシャツを着て応援に行くと勝つ、というジンクスがかつてあった。

まあ、自分がこの「無」という字にある願をかけていたからかも知れない。いまは「無」の境地で応援できるか、ということだ。

下位にひしめく他のチームの動向は関係ない。
己に勝つのは「無」の境地あるのみ。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-11-10 14:36 | ジェフ