ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ダービー交響曲「未完成」 レイソル1-1ジェフ

 ちばぎんカップからまだ1ヵ月も経たずに「千葉ダービー」があるのも違和感があるよな。2005年もナビスコで同組にされたおかげでやたら「ダービー」連発な年があったけど、このとき吾輩自身は日本代表の試合でイラン遠征したり、仕事でいけなかったりしてあまりいけなかった記憶がある。正直、吾輩みたいに両方を応援している人は稀だと思うけど、自身の「ダービースイッチ」があやふやにならないように、もっとも熱い応援をしているALで試合を観戦。
a0024005_1438188.jpg

a0024005_1419086.jpg

 ちばぎんカップでは「チーバ君」がゲストだったが、この日は千葉県知事選があるためか「せんきょ君」と一緒。もう一匹は彼女?いいや「ただのお友達?」
a0024005_14192761.jpg

 日立台の開幕でチケットも完売だったにも関わらず観衆は8723人。悪天候なため、反対側のメインスタンドの空席が目立つ。
a0024005_14365833.jpg

バックスタンドは完全個席化をようやく果たした。けど、最後列は席に着かずに立って応援している人も多い。






さて時間も経ったことだし折らずに振り返りたいと思います。
レイソルは
菅野
(左から)石川 パンゾ 古賀 村上
浩太 栗沢
ミノル フランサ ポポ
チュンソン

 チュンソンがトップでフランサが中盤、サイドに流れながらチャンスメイク。その動きに呼応してポポやミノルがトップに上がったりして前目の4人が流動的な関係の2+2トップみたいでした。ただ、ノブリンのときよりは追い越したり、2列目から飛び出すというプレイが少なく感じました。また、イケイケのときは気がつかなかったけど、前の4人と2人のボランチ、4枚のディフェンスのスペースが間延びしがち。
 それでもサイドチェンジをしながら揺さぶりをかけ、ヤザーとアレックスがポジションチェンジした間隙を縫うように、タイミング良く上がって来た村上のクロスをチュンソンが反応しカメハメ弾!で先制。
a0024005_14194848.jpg

 一方のジェフは
櫛野
(左から)良太 エド 昇平 坂本
東美 中後
アレックス ヤザー
深井 巻
ボランチに中後が入り、アレックスがポジションをひとつ上げて左にいたヤザーが右。浩平はお休みでした。ミラーは機械的にMFをローテーションで回すか、相手によって中盤を代えてくるかは不明ですが、それ以外は固定。アレックスは前節と比べて見ると前目の方が慣れているのか動きはよく、中後が中盤の底からチャンスメイクができるのでこちらの方がバランスは執れているような気がします。

 ただ、攻撃のバリエーションがまだ「個人技頼み」。後半7分の同点弾は隊長がいったんヤザーに預けて自らゴール前でボレーでボールを巧みにコントロール→シュート。年に一回あるかないかの妙技にびっくりしましたが、逆にレイソルの守備が間延びをしてしまっている欠点が目に付いてしまったように思えます。

 例年、シーズンの中頃に設定されるダービーですけど、両方のチームとも、まだ発展途上を感じさせられました。
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-03-17 15:05 | レイソル