ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「完敗」から追いついたが…横浜FM3-3レイソル

横浜への到着が遅れたらマリノスのイベントブースでピッチ君とサポーターと鬼武チェアマンが記念撮影をしているところに遭遇しました。どうやらこの日達成した「Jリーグ観客動員1億人」の祝辞を横浜で行うためだったようで、試合前のセレモニーでは鬼武氏のスピーチの後にレイソルゴール裏から「3億人!」コールが。あしかけ17年目で1億人を達成したけど、いまはJ1、J2含め18チームあるので意外と早く3億人までは達成できそうな予感もする。

 というわけでマリノス戦アウエー。当初行く予定がなかったのですが、名古屋出張前後がお休みになったために急きょ行けるようになった「ボーナスステージ」みたいなもん。なんとか今季初勝利をもぎ取りたかったんですが…
a0024005_11274055.jpg


スタメンはポポから圭輔に代わっただけで、前節は縦の展開が少なかったので修正したのですが、出足からピリッとしない。

マリノスの右サイドには快速・清水範久。彼が中盤にボールを預けて愚直に縦の突破を繰り返していたのですが、対面の石川の対人守備が中途半端で完全に負けてました。先制の場面は清水がファーサイドでクロスを上げると小宮山が折り返し、真ん中に詰めていた狩野がピンポイントで頭で合わせた。正面からパンちゃん、後ろから石川が挟み込んでいたのも関わらず、である。

 2点目はセットプレイで狩野のFKから中沢が古賀と村上のマークをすり抜けてなんなく押し込む。
レイソルの左サイドは蹂躙され、中盤では狩野、山瀬、兵藤にいいようにボールを回されかく乱され、最終ラインも下がり気味になり押し込まれる、という最悪の展開でした。そろそろ足が止まるだろうと思っても、中盤の守備もルーズで完全に主導権を握られてしまいました。
 レイソルもCKからフランサ経由で浩太がゴールを奪い反撃か、と思いきやカウンターを喰らい、またまた清水のクロスから渡邉が頭で合わせて3対1.「完敗」といってもいい内容。
 前半終了のホイッスルが鳴り終わるとピッチから戻ってきた菅野に激しい口調でシジマールコーチが檄を飛ばす。、またスタンドからも「あきらめるな」「とにかく点を返そう」というっポジティブな激励が飛んでいたのですが、それが後半に届いたのかも知れません。

 後半も出足では横浜ペースだったのですが、後半18分、両方のベンチが動き、横浜は山瀬を下げてボランチの兵藤を上げ、長谷川アーリアジャスールをボランチに。レイソルもあまりいい動きではなかったミノルに代わり攻撃の切り札、ポポを入れます。
おそらく横浜側が交代で集中が切れていたのか直後に栗沢からのクロスをフランサが決めて2点目をゲット!さらに圭輔に代えて大津、やはり動きがよくなかったチュンソンに代わりキタジを投入。大津が入ったあたりで主導権を取り返したレイソル。フランサからボールをもらったポポが中央を突破し、ポポらしい豪快なシュートで3点目。ハーフタイムに腹を括った吾輩ですが、まだあと5分、ひょっとしてと思わせるも残念ながらここでホイッスル。
a0024005_11264731.jpg

a0024005_1128258.jpg

終わってみれば3対3、マリノスは山瀬や清水などレイソルにとっては嫌らしい選手を次々交代させたのも手伝ってなんとかドロー。
a0024005_11285664.jpg

[PR]
by ta_ch1967 | 2009-03-22 12:09 | レイソル