ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

背番号2のFW、鳥養。  ジェフリザーブズ1-1HondaFC

金沢がトップに昇格し、前節まで出場していた奥山がその対戦相手の鳥取へ移籍、と攻撃の核が離脱したリザーブズ。5・24のFC琉球戦以来の観戦ですが、配布されていたスタメン表を見てびっくり。

 背番号5の宇野、背番号2の鳥養のツートップ。ふたりとも本職のFWではない。吾輩の事前の勉強不足でしたが、いつの間にか鳥養がFWの一角を担っていたんですね(笑)。エースケみたいだな、背番号2のFWって。

 ただ、前半にボランチの福田がケガをしたため、FW宮内を投入、鳥養はいったん右サイドへ下がります。右サイドの村野がボランチに。やや、宇野が孤立してしまっていたのですが、HondaFCが右SBの小栗のクロスに伊賀がアタマでドンピシャに合わせて先制。
 そのあたりからジェフリザがトーンダウンしたようにHondaのボールを支配されて何も出来ない時間が過ぎていく。終了間際にミツキが一気にゴールに迫る攻め上がりを見せたのに、鳥養、宇野にボールを預けてしまい、チャンスはふいに。
a0024005_21431195.jpg

 後半、宇野をボランチに下げ、村野を右、鳥養をFWに上げて活路を見いだすジェフリザ。実ったのは後半30分過ぎ。鳥養がボールを左サイドでキープ、一度宇野へボールを下げたあと、乾にパス。すかさずドリブルで攻め上がり、ユースの村上君経由で再び鳥養。浮かせたボールをゴール前に詰めていた宮内が押し込んで同点!
a0024005_21421023.jpg

結局、1-1のドローで終わりましたが、乾のドリブルとともに鳥養が前線でチャンスメーカーとして頑張っていたのはきょうの収穫だった。
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-07-18 21:46 | ジェフ