ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

新戦力揃い踏みも敗戦 ジェフ1-2清水

 5月2日の鹿島戦以来のフクアリ。ほぼ3ヵ月ぶりのホームだったんだけど、いつの間にか駅前に「はなの舞」ができたり、スタジアム横の「グローボ」のSRCが8月2日に撤退って…グローボ、ただでさえ店舗が少ないのに…

とこいうことでまさかまさかで圭輔がジェフのユニホームを着て
a0024005_3121988.jpg

a0024005_313787.jpg

新戦力のネット・バイアーノも登場。苦手な清水戦とはいえ、期待は膨らみます。

先発は GKグッピー、DFは右から隊長、福元、エド、良太、ボランチが浩平、中後、左にアレックス、右に圭輔、FWは巻&ネット・バイアーノのツインタワー。

 前半はいつの間にかフィットし始めたヨンセン、相棒の岡崎がジェフの裏を蹂躙し、枝村が2列目から飛び込んでくる。その枝村が決定的な飛び込みを見せたのですが、寸出で隊長が間に割って入り清水の先制機を摘み取ります。しかしその数分後には、サイドに流れたヨンセンが流し込んだボールを岡崎に決められて先制を許してしまいます。
a0024005_3192060.jpg

 ジェフが猛攻を見せたのは圭輔から深井にチェンジしたとき。わずか2分後に児玉、岩下、本田のマークに会いながらも巻の落としたボールをシュート。ゴールマウスに突き刺さり同点とします。

そこからの攻勢は清水を凌駕していたのに後一歩及ばず。深井や巻がいい形でシュートを打ちますが、清水のGK、山本海人のファインセーブもあってなかなかゴールを割れません。

試合こそ支配していたジェフですが、途中出場の青山にFKで頭で合わせられて勝ち越しゴールを奪われてしまいます。ロスタイムも4分あったのにチャンスを生かしきれず。残念ながら敗戦となってしまいました。

 このゲームで不満があるとすれば圭輔の「使い方」でしょうか。圭輔のセールスポイントは裏へ抜ける豊かなスピードなんですが、中後は足元にパスを出してばかり。もっとスペースをうまくエグれるようなパスを出してあげてほしいです。あんなもんじゃないですよ、圭輔は。
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-07-26 03:57 | ジェフ