ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:レイソル( 184 )

沢昌克に期待。

報知の記者コラム「FOOTBALL365」で沢が取上げられていた。

“ペルーの至宝”柏MF沢昌克の爆発に期待(報知/FOOTBALL365)
 確かに度重なるケガで出番は遅れたんだけど、ペルーとJのサッカーの違いに戸惑ったのでは?。Jではボールを持つと素早くカウンターに繋げる展開が多いが、遅攻の組み立てをあまり重視していないように思う。
沢はサテライトや練習試合では左サイドで起用されることが多くて、自分が得意としているトップ下のエリアへはなかなか流れることができなくて窮屈そうだった。
 中盤ダイヤモンド型のトップの部分が沢の得意なポジションだと思うが、贅沢はいってられんよな。いまはレギュラーを獲得するチャンスだよ、ガンバレ、ペルーの至宝!
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-05-27 15:17 | レイソル
 SD席を買った覚えはあったのですが、席番を試合当日まで見ていなかったので来てみてびっくり、センターラインから少しレイソル寄りのポジション。バックスタンド側の両コーナーが見難いというスクエア型のスタジアムの欠点こそあれ、臨場感はやっぱ最高だな、日立台。
a0024005_16441483.jpg

 鹿島の方は新井場がリザーブでパクが左サイド、出場停止の野沢に代わって増田が入るほかは、ほぼベスト布陣。レイソルは前回の敗戦を受けて後ろの4バックを右サイドにクラ、CBにドゥーを外しパンゾが右サイドから復帰。ボランチは浩太が外れたところに次郎が入り、ケガのフランサ、チュンソンのところにはキタジ。また、沢が初先発を果たした。
 しかし、立ち上がり猛攻仕掛ける鹿島に受け身に回る。開始早々、鹿島がFKをもらい、沢がセットするボールに近いということでいきなりイエロー。これは普通に注意で済むとは思うのだが、岡田正義主審は300試合出場の花束を受け取ってご機嫌なようすだ。
 まあきょうは審判はまったく関係なく、前半に関していえば小笠原というコンダクターに呼応し、興梠がマルキが増田が本山が縦横無尽に攻撃に顔を出す。鹿島は指導者は代わりこそすれ、17年間ブラジルスタイルと4バックを頑なに守ってきたクラブ。オートマチズム化された動きに翻弄される。

開始8分、小笠原のFKから”小賢しい”動きでレイソルのDFに嫌がられていた興梠が先制ゴール。その3分後にもまた興梠がゴール。ガンバ戦と同じ展開になるのではと一瞬、脳裏によぎったものがあった。

前半はガンバ戦ほど「何もできなかった」わけではなかったが、前述の鹿島のアタッカーに翻弄され続けていた。しかし、キタジが必死にハイボールを競ってポイントを作ろうとするがなかなかボールが収まらず。なかなか活路を見出せない。
a0024005_16443628.jpg

後半に入る前、DF4人、ボランチ2人がピッチで話し合う。ここで役割を明確にしたのだろうか。前半、あまりいい形でボールを触ることが出来なかった沢から鹿島ジュニアユース出身の大津が登場。怖さを知らない若さってとこか。彼の思いっきりの良さが開始早々、チャンスに結びつく。前半はあれほど鹿島のプレッシャーに手こずっていたのに、大津が左サイドを掻い潜り、フリーな状態でシュート。ボールは低い弾道、ほぼグランダーで鹿島のゴールをぶち抜く。息を吹き返したレイソルはその後のゴールネットを揺らすがオフサイド判定。角度的に判定がどうだ、と言える位置ではないが、このときに追いついていれば…本当に惜しい。

 レイソルも後半ボールを持つことが多かったが、明らかに鹿島に持たされていた感じだった。ボールを持っ
てうしろに戻して前線へボールを出そうと思っても誰も動かない。鹿島は鹿島でキッチリマークをつけてくる。カウンターのチャンスがあってもレイソルの選手は走り急がない。いったんここでペースダウンするのだ。

 ボールを後ろで回すだけなら鹿島だって守りやすい。小笠原が2枚のイエローで退場したが、鹿島にとっては10人で戦う術を知っている。ロスタイムの5分、最後の最後にはコーナーで時間稼ぎを駆使し、試合終了のホイッスルを聴く。

 ガンバ戦に比べれば戦えていたと思うが鹿島の「試合」を作るサッカーに翻弄され続けたというのが正解かも知れない。吾輩はそんなサッカーが見たくなかったので、ここしばらくは鹿島戦は見ていなかったが、今年はさらに磨きがかかったみたいで…。
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-05-19 17:45 | レイソル
万博の空は青かった。気温も急上昇し、真夏のような暑さ。サッカーをするのは厳しいコンディションだが条件はホームのガンバも同じだ。相手はACLで中3日、レイソルは浦和戦から中4日のインターバルがある。しかし、いざ、キックオフの笛が鳴り響き、試合が始まると、そんな些細なアドバンテージも微塵と消えた。

 速いパス回しについていけない。いや、何も出来ていないといっていいだろう。守備は後手後手で終始追い回され、最終ラインのマークも曖昧だった。ラインもじりじり押し込まれて、レアンドロがフリーで抜け出し先制ゴールを奪う。前半まだ11分だった。
a0024005_5565239.jpg

前節の浦和戦は仕事で行けなかったが、敢えて情報を入れずに、この万博に乗り込んだ。相手はガンバだから苦戦は承知の上だよ。しかし、この先制点で完全に意気消沈をしてしまったのは目に見えて判ってしまった。
G大阪 4 - 0 柏 (JsGoal)
a0024005_5572879.jpg

試合終了後、多数のガンバサポの列の中、万博公園の中をとぼとぼ歩いていたらレイソルのメールが届いた。
高橋 真一郎監督「あれだけ相手を恐れてサッカーをしていたら絶対に勝てない。本当に情けない。まったくファイトできていなかった。」
このコメントを読んだたとき、本当に萎えた。監督はただ先発メンバーだけを考えて送り出すことだけではない。その戦えない選手たちを送り出した「責任」をこのコメントの中から探し出すことはできない。
試合中に指示を送り、ときには試合中でも叱り飛ばしてまでも鼓舞しないといけない。あなたはできたのでしょうか?
 
このコメントを読む限り、選手があなたを「男にしたい」とは思わないよ。
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-05-11 06:40 | レイソル
 後半途中までレイソルは大分に対し1点のビハインドを背負い、押しているようでも、いいところがなかった。
とくに前半、前節のエスパルス戦で存在感を見せていた浩太がポポとともに途中で退く。その交代で入った藏川、大津、そして後半25分に投入されたキタジがこの試合をひっくり返してしまうのだからサッカーって面白いよね。 
a0024005_15464144.jpg

【ファミリーデイズの小旗をアタマにつけるレイ君】
 
左に流れたクラがクロスボールを繰り出すとキタジがドンピシャで合わせてゴールマウスの隅へ吸い込まれて同点に追いつく。
さらにロスタイムに栗沢のCKから大津自身が認める「苦手」なヘディングシュートで勝ち越し弾!。
柏やっと1勝!19歳・大津、頭で救った!(報知)

 この日、絶不調だった浩太の代わりに中盤を精力的に動き回った巌や、右にボランチにと中盤のリンクマンとして活躍した栗沢、ゴールを演出したクラ、そしてキタジと昭和男が大暴れしたあと昭和を知らない大津のヘッドで閉めた!

8節目でようやく白星だけど、終わってみたら勝ち点は8の15位。ここから反撃が始まる!
a0024005_15474612.jpg

a0024005_1548990.jpg

a0024005_15484317.jpg


 表題の「柏に火をつけろ」は
旧JFL当時にセットプレイやCKでピンチの時に使ったチャント。
正式には
(柏に)火をつけろ!火をつけろ!火をつけろ!(オイオイオイオイオイオイ)

いまは使われていないけど、この日、ピンチの時にはそっとつぶやいていた。これで柏の闘志に火を点火できただろうか。
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-04-30 16:15 | レイソル
試合前のサポーターミーティングで「雨はキックオフの時間がピークだそうです。風や雷もあるかもしれない。キックオフが遅れたり中断の可能性も」という話を聞かされ目の前が真っ暗になりそうになりました。遠征前から豪雨上等だったけど中断やキックオフの遅延は勘弁。下手すりゃ試合を半分見ることができないかもしれない。そんな覚悟を孕みながらも定刻どおり13時04分にキックオフ。
a0024005_4302993.jpg

劣悪な環境下だったため、試合前のこの写真しか撮っていない。
兎に角、勝つための後押しを考えて声を出していたつもりだった。

 先発はスポーツ紙の既報どおり、CB4枚が並ぶ。左から石川、ドゥ、古賀、パンゾー。
ボランチにはケガが心配された巌、やはりケガでしばらく離脱していた浩太が組む。圭輔の代わりには栗沢。もともと、キャンプでは右の栗沢を試していたので懸案だったのかも。

 さてこんなバットコンディションの中でも前半はレイソルペースで試合を進めていた。対戦する清水は前節で同県のライバル、磐田に大敗したのがうなずける元気のなさ。セカンドもよく拾っていたと思う。ところが、なかなかいい形でフィニッシュへ持ち込めない。その前のボールを運ぶ動きだけなら、今季一番良かったかもしれない。
 浩太が機転を生かし長短織り交ぜたパス、前線へのフィードが今季の生命線なのだ。

流れをつかみかけたのは前半17分、ポポとチュンソンのコンビネーションでポポからチュンソンへパスが供給されるもタイミング合わず。前半からキモチの入ったシュートを見せるポポ、ミノル、チュンソンだったが0-0で折り返す。

後半も出足はレイソルが主導権を握る。結実したのは後半13分のFK。ポポの強烈なボールを西部が弾き、そのこぼれ球を古賀がヘッドで押し込んだ!

 ここまでの流れは初勝利を予感させたのだが…

清水も懸命に流れを引き寄せるため選手を交代する。FW永井に代えて原、さらにボランチの本田を削りヨンセンを投入。高さ対策でCB4枚起用したがここで実力を発揮か。
 ただ、本当に警戒しないといけない選手がいた、そう岡崎だ。決して背丈もあるわけではないが、ボールに喰らいつく姿勢は、いま一番清水の中でノッてるFWだろう。

ペナルティーエリア内での混戦、岡崎がもみ合いの中からシュートを放つというかボールに足を当てただけのように見えたが、それが逆に功を奏したのか、ボール自体は勢いがないものの、ゴールマウスに吸い込まれるように入ってしまう。運といってしまえばそれまでだけど、このゴールシーンはスローモーションのように蘇えってくる。

決して時間がなかったわけではない。勝ち越し点が欲しい。

チュンソンから大津へスイッチ、チュンソンとポポのカウンター攻撃なんかもあったけどスピードが単調だった気がする。前線でボールを収めるキタジあたりの起用は考えなかったのか? 澤もロスタイムでデビューを果たしたものの、時間がなさ過ぎた。無常にもタイムアップの笛がなり、また初勝利を逃してしまった。
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-04-27 04:27 | レイソル

雨の清水。

先週のホーム名古屋戦での敗戦を受けて、急きょ決まったことはきょうの清水遠征だった。もともと仕事がある日とはいえ、16時キックオフのフクアリには行けないが、13時キックオフの日本平なら、試合終了後ダッシュすれば18時始業の仕事場にはなんとか間に合うはず(といって一度遅刻してしまったことがあったので、考えないでいた)。

 ひとつ気になるのは現在、東海地方を直撃している雨模様。試合内容も左右するだろうが、帰りの電車や公共交通機関にも影響がありそう…。正直、帰りの足を気にして応援に集中できない、というのは避けたい。
a0024005_8363153.jpg



さて、キックオフまであと4時間半あまりですが雨具の用意は傘しかしてこなかった、、、どうするべ。
いまはレイソル初勝利だけを考えて集中するか。
a0024005_837413.jpg

[PR]
by ta_ch1967 | 2009-04-25 08:42 | レイソル

金髪のアデバヨ。

 先週の土曜に調子を崩していたんですが、ようやく角ふじのバカブタを食べるほどに回復(?)しましたので日立台へ練習見学をしてきました(午後のみ)。

ケガで離脱した圭輔の姿はもちろんなく、別メで巌が走ってました。

あと、名前をあえて出しませんが大津君以外にも何人かケガから復帰した選手が全体練習に参加してました。

写真は金髪の黒人…えっ、新外国人かと思いきやアデバヨでした。
a0024005_4405121.jpg

[PR]
by ta_ch1967 | 2009-04-22 04:40 | レイソル
 今年1月、スペインへ渡ったレイソルU-18出身の指宿君がエルクレス戦の後半36分から出場を果たしました。負けている試合でとはいえ、約10分強の出場機会でも好プレイを魅せたようですね。下の公式のニュースの内容がニッカンの速報記事とあまり内容が変わらなかった…。

Debut d’Hiroshi(ジローナ公式)
a0024005_1211744.jpg


指宿がデビュー戦で活躍/スペイン2部(ニッカン)

 元17歳以下日本代表のFW指宿洋史(19)が、ことし1月に加入したスペイン2部リーグのジローナでリーグ戦デビューを果たした。指宿はエルクレス戦で後半36分から出場し、好プレーを披露した。チームは0-3で敗れた。

 
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-04-20 12:17 | レイソル

久しぶりに日立台。

きょうも陽射しが眩しくて熱いですね。週末はハシゴサポートなため、今度は日立台へ赴きました。
a0024005_13302914.jpg

 本当はもう少し成熟したところで見に行くはずでしたが、レイソルも開幕リーグ戦で勝てない状態が続いてますからね。
 戦術練習については週末のスタメンに関わることなのでここでは割愛しますが、全体練習が終わった後に井原コーチが声をかけてミノル、大津君が居残りシュート練習。クロスを上げるのはクラと石川。

 この二人、どことなく遊んでいるようで大津君はバイシクルシュートやステップを変えながらシュートを試し撃ちしたり、ミノルも吹かしているようで嫌らしいコースを狙っていたりする。
a0024005_13463523.jpg

 途中、チュンソンも加わりますが、ダイビングヘッド狙いで飛び込んだチュンソンを見てクラが「前は(シュートを)届いていたよな」とボソッ。
 それを訊いたチュンソンは「確かに!」ってキッパリ認めちゃうなってww
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-04-16 13:53 | レイソル
 昨夕のニュースで消防ポンプ車がネットオークションに出品されることを知った。出品元は群馬県みどり市(ってどこだ?平成大合併で地勢のあいまいな地名が誕生しまくっているがww)でちょうど更新時期だってさ。
※リンク先に動画
北海道・新冠町、廃校となった小学校4校を地域活性化のためネットオークションに(FNN)
このニュースを見て
往年の西部警察・大門軍団の特装車日産サファリを思い出した!




また旗で悪さをするようであれば馬鹿島サポを高圧放水で戦闘不能にwww

落札の際はJリーグにツケでおK?

現在、幸手市が出品中ですよ~
消防ポンプ自動車 平成5年式 いすゞ製 走行距離約5,400km(yahoo!オークション)
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-04-15 12:39 | レイソル