ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:レイソル( 184 )

横浜への到着が遅れたらマリノスのイベントブースでピッチ君とサポーターと鬼武チェアマンが記念撮影をしているところに遭遇しました。どうやらこの日達成した「Jリーグ観客動員1億人」の祝辞を横浜で行うためだったようで、試合前のセレモニーでは鬼武氏のスピーチの後にレイソルゴール裏から「3億人!」コールが。あしかけ17年目で1億人を達成したけど、いまはJ1、J2含め18チームあるので意外と早く3億人までは達成できそうな予感もする。

 というわけでマリノス戦アウエー。当初行く予定がなかったのですが、名古屋出張前後がお休みになったために急きょ行けるようになった「ボーナスステージ」みたいなもん。なんとか今季初勝利をもぎ取りたかったんですが…
a0024005_11274055.jpg


スタメンはポポから圭輔に代わっただけで、前節は縦の展開が少なかったので修正したのですが、出足からピリッとしない。

マリノスの右サイドには快速・清水範久。彼が中盤にボールを預けて愚直に縦の突破を繰り返していたのですが、対面の石川の対人守備が中途半端で完全に負けてました。先制の場面は清水がファーサイドでクロスを上げると小宮山が折り返し、真ん中に詰めていた狩野がピンポイントで頭で合わせた。正面からパンちゃん、後ろから石川が挟み込んでいたのも関わらず、である。

 2点目はセットプレイで狩野のFKから中沢が古賀と村上のマークをすり抜けてなんなく押し込む。
レイソルの左サイドは蹂躙され、中盤では狩野、山瀬、兵藤にいいようにボールを回されかく乱され、最終ラインも下がり気味になり押し込まれる、という最悪の展開でした。そろそろ足が止まるだろうと思っても、中盤の守備もルーズで完全に主導権を握られてしまいました。
 レイソルもCKからフランサ経由で浩太がゴールを奪い反撃か、と思いきやカウンターを喰らい、またまた清水のクロスから渡邉が頭で合わせて3対1.「完敗」といってもいい内容。
 前半終了のホイッスルが鳴り終わるとピッチから戻ってきた菅野に激しい口調でシジマールコーチが檄を飛ばす。、またスタンドからも「あきらめるな」「とにかく点を返そう」というっポジティブな激励が飛んでいたのですが、それが後半に届いたのかも知れません。

 後半も出足では横浜ペースだったのですが、後半18分、両方のベンチが動き、横浜は山瀬を下げてボランチの兵藤を上げ、長谷川アーリアジャスールをボランチに。レイソルもあまりいい動きではなかったミノルに代わり攻撃の切り札、ポポを入れます。
おそらく横浜側が交代で集中が切れていたのか直後に栗沢からのクロスをフランサが決めて2点目をゲット!さらに圭輔に代えて大津、やはり動きがよくなかったチュンソンに代わりキタジを投入。大津が入ったあたりで主導権を取り返したレイソル。フランサからボールをもらったポポが中央を突破し、ポポらしい豪快なシュートで3点目。ハーフタイムに腹を括った吾輩ですが、まだあと5分、ひょっとしてと思わせるも残念ながらここでホイッスル。
a0024005_11264731.jpg

a0024005_1128258.jpg

終わってみれば3対3、マリノスは山瀬や清水などレイソルにとっては嫌らしい選手を次々交代させたのも手伝ってなんとかドロー。
a0024005_11285664.jpg

[PR]
by ta_ch1967 | 2009-03-22 12:09 | レイソル
 ちばぎんカップからまだ1ヵ月も経たずに「千葉ダービー」があるのも違和感があるよな。2005年もナビスコで同組にされたおかげでやたら「ダービー」連発な年があったけど、このとき吾輩自身は日本代表の試合でイラン遠征したり、仕事でいけなかったりしてあまりいけなかった記憶がある。正直、吾輩みたいに両方を応援している人は稀だと思うけど、自身の「ダービースイッチ」があやふやにならないように、もっとも熱い応援をしているALで試合を観戦。
a0024005_1438188.jpg

a0024005_1419086.jpg

 ちばぎんカップでは「チーバ君」がゲストだったが、この日は千葉県知事選があるためか「せんきょ君」と一緒。もう一匹は彼女?いいや「ただのお友達?」
a0024005_14192761.jpg

 日立台の開幕でチケットも完売だったにも関わらず観衆は8723人。悪天候なため、反対側のメインスタンドの空席が目立つ。
a0024005_14365833.jpg

バックスタンドは完全個席化をようやく果たした。けど、最後列は席に着かずに立って応援している人も多い。






さて時間も経ったことだし折らずに振り返りたいと思います。
レイソルは
菅野
(左から)石川 パンゾ 古賀 村上
浩太 栗沢
ミノル フランサ ポポ
チュンソン

 チュンソンがトップでフランサが中盤、サイドに流れながらチャンスメイク。その動きに呼応してポポやミノルがトップに上がったりして前目の4人が流動的な関係の2+2トップみたいでした。ただ、ノブリンのときよりは追い越したり、2列目から飛び出すというプレイが少なく感じました。また、イケイケのときは気がつかなかったけど、前の4人と2人のボランチ、4枚のディフェンスのスペースが間延びしがち。
 それでもサイドチェンジをしながら揺さぶりをかけ、ヤザーとアレックスがポジションチェンジした間隙を縫うように、タイミング良く上がって来た村上のクロスをチュンソンが反応しカメハメ弾!で先制。
a0024005_14194848.jpg

 一方のジェフは
櫛野
(左から)良太 エド 昇平 坂本
東美 中後
アレックス ヤザー
深井 巻
ボランチに中後が入り、アレックスがポジションをひとつ上げて左にいたヤザーが右。浩平はお休みでした。ミラーは機械的にMFをローテーションで回すか、相手によって中盤を代えてくるかは不明ですが、それ以外は固定。アレックスは前節と比べて見ると前目の方が慣れているのか動きはよく、中後が中盤の底からチャンスメイクができるのでこちらの方がバランスは執れているような気がします。

 ただ、攻撃のバリエーションがまだ「個人技頼み」。後半7分の同点弾は隊長がいったんヤザーに預けて自らゴール前でボレーでボールを巧みにコントロール→シュート。年に一回あるかないかの妙技にびっくりしましたが、逆にレイソルの守備が間延びをしてしまっている欠点が目に付いてしまったように思えます。

 例年、シーズンの中頃に設定されるダービーですけど、両方のチームとも、まだ発展途上を感じさせられました。
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-03-17 15:05 | レイソル
きのうの好天とはうって変わって曇りの肌寒い空模様。暦の上では春なのに冬に逆戻りしてしまった陽気でした。日立台には昨日の開幕戦でスタメンを外れた選手が中心。
GK 桐畑
DF (左から)酒井、ドゥ、シマ、クラ
ボランチ 俊太、次郎
MF(左から)大津、澤、圭輔
FW北島
a0024005_17261370.jpg

 この日のヴェルディは元日本代表の大黒がCF、鳥栖から戻されたレオナルド、井上の3トップ。4-3-3気味で中盤が攻撃的な選手ばかり。レイソルはわりと自由に攻撃に参加し、左サイドから大津が、右サイドはクラ、と圭輔が巧みに絡んでヴェルディゴールを脅かします。

 前半24分に圭輔の切れ込みから大津へパス、ファーサイドでフリーになって飛び込んだキタジがダイレクトでシュートするもゴールネット。
さらに太田のクロスにキタジがアタマで合わせるもバーに…
今度は蔵川がサイドを突破し、キタジが合わせて先制ゴール!!

 2点目はDFからのフィードを澤がアタマにちょこんと当てて大津がその球を拾ってゴール!
さらに左サイドから抜け出した澤がゴールマウス右隅へシュート!

前半だけで3対0.で折り返し。

後半投入された武富君や大津がたびたびチャンスを作るも、残念ながらノーゴールでした。大津はこのレベルなら間違いなく王様だな、なんて思ったゲームでした。
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-03-08 17:48 | レイソル

PENYA IBUSKI HIROSHI

そういえばジローナ入りした指宿君も2月27日に18歳の誕生日を迎えて晴れてリーガ・エスパニョーラ・セグンダ(2部)デビューするのでは、と思う今日この頃(※1)。Penya Ibuski Hiroshiというサイトに18歳の誕生日の時の模様と思われる写真が掲載されております。

ペーニャってぐらいだから、ここが現地の「指宿洋史後援会」に当たるサイトなのかな? やぶさん(笑

a0024005_2435671.jpg

※1=18歳未満の外国籍選手は選手登録を原則禁止にしているため。
参考17歳の大型FW指宿、スペインで輝くために  ジローナ 指宿洋史インタビュー(スポーツナビ)
※2=在野のサポーターズクラブ
参考「ペーニャ制度」~日本のスタジアムに活気をもたらすには FC東京 村林裕専務インタビュー
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-03-04 02:39 | レイソル
一般的には東スポの一面ばかりがクローズアップされているけれど、中には読ませる記事もあるんですよ。
んで、きのうときょう、なぜか柏レイソルがらみの記事が載りました。
a0024005_171741.jpg

「いつかマンUに勝つ!」柏・高橋新監督が本紙に語った野望
まだ「しんさん」と呼びなれない(吾輩的には暴れん坊将軍の世を忍ぶ仮の姿、徳田新之助のイメージがあるんだよ)高橋監督のインタビュー記事。実際、「勝つ!」ときっぱりいい切ったわけではなく「アジアチャンピオンズリーグに出たい。それでマンUと対戦できたら最高」とのこと。現役時代(91年8月)、マンUと練習試合で3-1で勝った経験があるとか。
a0024005_1722734.jpg

 こちらはきのうの東スポ。
井原コーチは竹本さんから「レイソルには22-24歳の選手が多いので経験を伝えてほしい」という「特命」を受けているんだとか。日本代表やJの強豪クラブにいた経験やメンタリティなどを注入すべく、シジマールGKコーチとともに招聘したのだ、という記事。このへんはサポカンの議事録がネタもとにはなっているようですが、井原コーチの「竹本本部長からの要請? そうなんですよ。大変です。プレッシャーですよ。毎日…」というコメントを紹介しています。
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-02-26 17:19 | レイソル
早いもので今年で15回を迎えたちばぎんカップ。吾輩は第1回を仕事で見逃した以外は、14回連続でこの大会を見続けていますが、開幕前にふたつのチーム状態を見ることができるバロメーターという位置付けて見てます(ホーム寄りだけどね・笑)

試合前は来年に控えている「ちば国体」のマスコット、チーバくんとレイ君を交えてダンス。
a0024005_177935.jpg
a0024005_1773369.jpg

チーバ君も飛び跳ねる!
a0024005_1781265.jpg

ハーフタイムにはジェフの移籍したアレックスの周りにポポやイシケンコーチが話しかける場面も。

試合の方。
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-02-23 17:32 | レイソル
普段、あまりプレビューみたいなことを書かないし、めんどーなんですけど(笑)せっかく鹿児島と沖縄を巡ってきた訳ですし、コレだけは書いておいた方がいいかと。

レイソルもジェフも今シーズンは「ボランチ」がカギを握ると思います。明日もこの位置で試される選手が両チームの命運を握ると言って過言ではないでしょうね。

 まず、アウエーのジェフは今季、鹿島からレンタルで加入した中後。沖縄で見たプレシーズンマッチでも攻撃の起点として深井とヤザー、楔の巻に良質のパスを繰り出していたことを考えると明日も先発するでしょう。相棒はバランスを考えると東美。アレックスはまだジェフのユニを着たときのプレイを見てませんが、2列目の起用があるかも知れませんね。

一方、ホームのレイソルは鹿児島でアルセウが自爆してしまい、J前半戦の出場は絶望的となってしまいましたが、浩太がもう一段階成長を見せれば攻撃の点では心配要らないと思います。しかし、中盤の底で確実にチャンスを潰す役目が現在、出遅れてる巌ぐらいで、その点は心配ですね。ちばぎんは浩太-栗沢の組み合わせが妥当だと思われます。
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-02-21 23:52 | レイソル
13日の午前練習はフットバレー。レイソルのフォトギャラリーが伝える通り、クラ、古賀、圭輔、栗沢のチームベテランが老獪な駆け引きを駆使しながら圧倒的に強かった(笑)
a0024005_16174814.jpg
a0024005_16182963.jpg

 初戦は「ベテラン」VS「ユース新人」
a0024005_16185847.jpg

時折「おまえらよぇなぁ~」といいながらユース新人組に心理的に動揺を与える(とくにクラw)
a0024005_16191681.jpg

とくにいじられていたのが武富君でした。
a0024005_16194552.jpg

ドゥーも歯が立たない。
a0024005_16212160.jpg

a0024005_16214260.jpg

 ベテランの駆け引きを淡々と裁き続ける井原コーチも素敵ですが(笑)

フットバレーの最中に
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-02-20 16:33 | レイソル

アルセウ重傷について。

鹿児島、沖縄を巡ってようやくこちらに戻ってまいりました。しかし、これほどの重傷とは…。
柏アルセウ開幕絶望、13日左ひざ靱帯断裂(日刊)
個人的には好きな選手なので、なんてくだらないケガをしたんだろうと、、
瞬間はカメラには収められずに肉眼で見てましたが、相手との小競り合いから飛び蹴りのような形で倒れこみ、担架に運ばれました。

 これで開幕はおろか長期離脱も覚悟しないといけないかも知れません。
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-02-15 16:48 | レイソル
いよいよ鹿児島キャンプも最終日です。きのうはネット環境がなかったのでぅpできませんでしたが、きょうもこれから移動でこんな写真しか上げられません(笑)

11、12日とはうって変わって暗く風も強くいつ降り出してもおかしくない天気でしたが、1-0で勝利しました。一人少ない状況で浩太のインセプトから怒涛の攻撃、最後は浩太!その画像はのちほど。
a0024005_1932444.jpg

平日なのに多数の観衆だった国分運動公園陸上競技場。のメインスタンド。
【追記】
a0024005_1912080.jpg

すいません、やっとPC環境が使える(笑)
小さくてわかりずらいかも知れませんが浩太がゴールを流し込んだところです。

この試合、1本目は審判の判定が安定せずに両方から怒号が起きるなど練習試合とは思えないほど荒れてしまいました。がちがちに当たるので別な意味でエキサイト、最後にはアルセウはキックをヴェルディの選手にお見舞いしたような形になったものの、自分から崩れ去り、
担架で退場。中盤での守備では絶対的な強さを誇る反面、キレて大人気ないプレイを見せるなどちょっぴり不安を残すゲームとなってしまいました。
a0024005_19132832.jpg

2本目はキタジとポポが攻撃の中心も得点ゼロ。
a0024005_19122344.jpg

3本目はユース昇格組の出番だったんだけど、飛行機の時間に間に合いませんでした…。
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-02-13 19:37 | レイソル