ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:ジェフ( 211 )

ゴールデンウィーク中も仕事だったので(試合の日が休暇)、ロクに記事を更新出来ませんでしたが、忘れないうちにぅPしておこう。


相手は最下位のカターレ富山。OBの金明輝、黒部、苔口がいることぐらいしか情報はなかったけど、しっかり守ってきてサイドからのカウンターアタックはとても下位に低迷しているチームとは思えない。その先にはゴールハンターの黒部が鎮座し、苔口もスピードを生かして突破を図っていた。富山のサイド17番もなかなか捕まえることができなかった上、7番の朝日も連動して崩そうという意図が感じられる。ただ、相手が優秀なパッサーが不在な分、ジェフの守備も破綻せずに対応した。

しかし、後半。
a0024005_17195372.jpg

苔口の突破を思わずファウルで止めてしまった福元。黒部が冷静に決め、ジェフはまたまた手痛い恩返しを食らう。

その窮地を救ったのは
a0024005_17202423.jpg

ネト!
a0024005_17205551.jpg

ヤザー!

ふたりとも個人技で強引にゴールを奪ったが、彼らの活躍がなければ…いま思うとゾっとする。
[PR]
by ta_ch1967 | 2010-05-06 17:31 | ジェフ
北九州の勢いがフクアリでも再現された。2列目に入った倉田がいい形でゴールを量産中。
1発目は横浜FCの柳沢からGKシュナ潤へのバックパスを諦めずに追い込み、スライディングでボールを奪って取った執念を感じさせるゴール。ここでジェフが主導権を握る。

後半、交代したヤザーを基点にネットが大きくサイドチェンジ。球を受けた倉田がドリブルを仕掛ける!
a0024005_19524414.jpg

a0024005_1956018.jpg

a0024005_20124642.jpg

ひとり交わし
a0024005_20202568.jpg

ジュドーン!!2点目ゲット!

さらに
a0024005_2032917.jpg

ロスタイム、圭輔から展開したボールがルーズになったところ、浩平が拾って3点目!
a0024005_20342836.jpg

トドメはヤザーのシュートをシュナ潤が弾いたところを勇人がヘッドで押し込む!

4-0で横浜FCに完勝!ここまでの大差で勝ったのは08年のFC東京戦の「奇跡の残留」と呼ばれた試合以来だって。。そりゃ覚えてないよ~。
a0024005_20402257.jpg

そのことをインタビューで振られていたが勇人「そのときいませんでしたから~」

会場内苦笑wwww

a0024005_20462946.jpg

ところで勝因は横浜FC相手に球離れがよく、プレスを掛けさせなかったり、セカンドを拾ったこともあるが、後半、ヤザーが入ってきてスペースが開きだし、その間隙を後ろから追い越して浩平や勇人などがうまく飛び込めたことが大きい。また、ネットのダッシュ力も献身的なプレスとして機能していた。次は岡山戦だが、鳥栖戦に大勝後に徳島に負けた教訓を生かし、気を引き締めて!
[PR]
by ta_ch1967 | 2010-04-14 20:41 | ジェフ
試合前の選手紹介でブーイングに晒されたノンビこと廣山と温かい拍手で迎えられた戸田。ジェフを飛び出した理由が違うにせよ、このコンビからジェフへ強烈な”恩返し弾”を喰らうのも皮肉。

 ジェフはクッシーや倉田、ネットらをスタメンに起用したが、ビルドアップもままならない草津にお付き合いしてパスから外へ、また内へパスとなかなか「パスの呪縛」から抜け出せない。コンセプト通りなんだろうけど、同じことを繰り返すだけではチャンスも生まれない。たまにネットへ向けて放り込まれたクロスのこぼれ球を、アレックスが反応した時はゴールの予感もあったんだけどね。
a0024005_10502054.jpg

後半に入っても膠着状態は変わらず。しかし、廣山のFKから戸田へドンピシャなへッド弾がジェフのゴールへ突き刺さってしまう。残り時間は30分あまり。

ここでベンチは左SBの渡邊を下げ孝太、さらに山口慶を下げ巻を投入、これが功を奏した。
巻とネットが頭でつなげ、ネットが落としたボールを孝太が拾い同点弾!ほとんど死に掛けていたジェフに躍動が戻り始め、続けざまにコーナー、FK!

そしてロスタイムに得たFK。キッカーはアレックス。落ち着いて決めてついに逆転!
a0024005_10505285.jpg

a0024005_10512947.jpg

もちろん、この日のジェフは褒められたデキではなく、前半だけ見てみれば前節の徳島戦でやられたのもうなづける。理想が先に立ってリアリスト的な戦いができていないように感じた。とにかくホームでは「勝て!勝て!」勝ち点を拾いまくれ。

ところで。
[PR]
by ta_ch1967 | 2010-03-29 11:14 | ジェフ
 ひなチャソが吾輩のふとんの上に粗相をしてしまったため、布団カバーを洗濯して、フクアリに着いたのはキックオフ1時間前でした。J2に落ちて観客動員はどうなるかと思ったけど、ぜんぜん心配なかった。日曜夕方で対戦相手が九州の鳥栖なのでアウエー側の動員は仕方ないでしょう。
a0024005_17103324.jpg

この横断幕には爆笑でしたがwww


熊本で引き分けてしまってどうなるのだろうと思っていたんですが、終わってみれば2-0.鳥栖がまだチームを作っているような感じで呼吸が合わないようない印象でしたが、京都からレンタルで獲得したFW豊田陽平がうまく裏を抜けたり嫌らしいところに飛び込んでくるので前半はちょっと冷や冷や。ジェフもチャンスを作っていたけど、なかなかゴールに結び付けられない。

a0024005_1741086.jpg

その膠着状態を断ち切ったのはヨネの胸をすくようなゴール(写真は1点目)でした。カウンターからヨネのシュートが突き刺さり、さらに2分後には同じような位置からGK・室が前へ出てくることを見透かしてループシュート。
このあたりから鳥栖の中盤の守備が甘くなり、ヨネや浩平、深井が一人抜け出してカウンターという場面もあったけど、残念ながら追加点は奪えず。昨日の出来ならもう2-3点取ってもおかしくなかったし、それが反省点でしょう。でも、零封しての快勝はいつぶりなんだろ? フクアリに少し光明が見えたゲームでした。
[PR]
by ta_ch1967 | 2010-03-15 17:21 | ジェフ
さて、吾輩、今年早くも3度目の旅に出ます(w

スポーツ紙を買ってびっくり。ワラシさんや村井よりびっくりしたな、チャー坊のジェフ復帰…。思えば水本の台頭で出番がないといわれてジュビロに移籍したんだよな。
a0024005_71365.jpg

茶野 3人目の“千葉Uターン”決定(スポニチ)

これで出戻り3人目嬉しい反面、まだ戻ってくるのかね、Y人とか。うーむ…。



※というわけで2泊予定でいってきます。
[PR]
by ta_ch1967 | 2010-01-13 07:05 | ジェフ

倉田秋と金沢亮。

 新居が湘南入りとかミシェウも新潟って話もありますが、せっかくですから入ってくる選手のネタがないものかと探してみたらこんなのが出てきました。既出かもしれませんけど。

高槻からJリーガー誕生(前編)(高槻市メールマガジン平成19年1月26日号)
高槻からJリーガー誕生(後編)(高槻市メールマガジン平成19年2月2日号) 

 まだ3年前の今頃なんですよね。お互い経路は違うにしろ、高槻市出身で同時期にJ入りした、ということで市が企画したインタビュー記事です。もうひとりの新村純平はヴェルディを戦力外となっていて今のところ、どこと契約したという話はないですよね。高校出のJリーガーは4年目が節目だということを思い知らされます。
[PR]
by ta_ch1967 | 2010-01-07 17:34 | ジェフ
最近休みがちなこのブログですが、ネタ切れではなく更新する時間がわずかしかない!(笑

とりいそぎ、こちらを…。
a0024005_14192473.jpg


きょう発売の「東京中日スポーツ」に江尻監督のインタビュー記事が掲載されていますよ。


って掲載しようとしたらネットに掲載されていたわ。

千葉降格 老舗クラブに何が起こったのか(上)
千葉降格 老舗クラブに何が起こったのか(下)
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-12-24 14:32 | ジェフ

浩平に広島がオファー。

千葉・工藤にオファー…広島(報知)
 吾輩が更新を怠っている間にジェフの戦力外選手の話題もだいぶでていましたが…ついにというかオファーが来ましたか。代表候補として召集がかかったことのある浩平に広島がオファー。しかも浦和入りが決まった柏木の後釜として狙っているようです。

 しかし、サトルが川崎から期限付きで広島へ移籍したり元ジェフがどんどん広島に集結するのお…。
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-12-17 17:39 | ジェフ
なつかしいでしょ? 1999年、万博で行われたG大阪戦。
a0024005_11252083.jpg

10年前ジェフがJ残留をかけて戦った時には対戦相手のガンバの選手だった大輔。吾輩が「大輔」の名前を認識したのは1997年の神戸ユニバで行われたオールスター、ルーキーながら推薦枠でWESTの選手としてプレイしていた。

巡り巡ってセレッソからベン爺率いるジェフに加入したのが02年夏。ハードワークができ、鋼鉄の肉体を駆使して的確に相手を潰す仕事人。オシムではストッパー、ミラーでは中盤のアンカー。

大輔は勝つと満面の笑顔で、スタンドにガッツポーズで応えてくれたよね。
そういえば大宮サッカー場で勝ったとき、笑顔の大輔が近寄ってきてくれて、友人の大輔ゲート旗にサインをしてもらったよなあww
ホーム最終戦となった大分戦は残念ながら0-2で完敗。大輔に華を添えることはできなかった。大分にはじめて負けたとか、最下位に落ちたという事実よりも激しいプレスからシンプルなパスを繋ぎ、決して走り負けなかったかつてのジェフのような魅力あるサッカーに変わった大分は本当に強かった。短期間で立て直したポポビッチ監督に敬意を表します。
a0024005_11375072.jpg

新居から花束をもらった大輔はぴっくりしたような笑顔。
a0024005_11382539.jpg

そして胴上げ~ヤザーにかわり、大輔の「オレたちジェフ!」コールがフクアリにこだました。


ありがとう、そしてお疲れ様でした。
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-11-30 12:14 | ジェフ
試合終了のホイッスルが鳴り響いた瞬間、がなりたてるようなブーイングの嵐。キャプテンの東美が足取りが重い選手に速く並ぶように促し、挨拶するが、文句とも、とも悲鳴とも取れない聞き苦しい罵声が響き渡る。
a0024005_17232326.jpg

a0024005_17242521.jpg

熊谷の青い空が、冬とは思えないような照り付ける太陽の光が嫌でも目に入ってきたことだろう。

 吾輩はメインスタンドにいたのですが、スタンドで一生懸命”スタンド監督”をやっていたおじさんが「江尻、トーナメントってわかってるのか!!」と罵っていたけど、あんたもわかっちゃいない。例え相手がJ2だろうが、天皇杯という一発勝負ではカテゴリーなんて関係ない。あなたの「自尊心」が傷つけられたから罵っているようにしか聞こえない。
 吾輩の周辺だけなのかも知れないが、対戦相手のFC岐阜に対して「名前もわからない」「誰?」なんてなめまくっていた話をしていた人が一番、怒号が激しかった。ひょっとしてあなたたちも「FC岐阜」をなめてませんでしたか?

残念ながら今シーズン最大の目標であった「J1残留」という目標が途絶えたいま、天皇杯へ切り替えもままならなかったのかもしれない。選手の覇気のなさが気になった。もちろん、今季のワーストといっていい試合だった。

果たして
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-11-17 17:45 | ジェフ