ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:マイフェバリット( 8 )

ちばぎんカップで流れた下村東美の個人応援ソングがネーナの「ロックバルーンは99」と知ったのはつい最近でした(w

ある日、船橋の某中古CDショップに不思議なカップリングのCDを発見。
a0024005_17122195.jpg


OLDIES BUT GOLDIES VOL.Ⅱ(奥田民生選定)という10年ほど前に出ていたモノ。

空けてびっくり、なんだこりゃ?
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-03-06 17:18 | マイフェバリット

40周年ダヨ!

 さて、イランへ行く用意もほぼ終えたかなって矢先、朝のニュースで知りますた…。
40周年ダヨ! 全員集合(日本橋三越)
あら、きのうからだったのか…。orz
a0024005_6543081.jpg


テヘラン・トルコ帰国の日までか、、、、法被きたいな~ニンニキニキニキ
[PR]
by ta_ch1967 | 2005-03-23 07:06 | マイフェバリット
a0024005_23163271.jpg

洋楽とは縁がないように思われる吾輩なんですが、80年代初頭にかぶれた時期
あったんです!(キッパリ)
当時番組のプログラムとして「MTV」が日本でもオンエアされ始め、プロモーション
ビデオとFMなどで大量に宣伝がなされ、いまでいうメディアミックス戦略が始まった
のはこの頃。
次第に自分なりの好みもハッキリしてきて、マイケルジャクソンよりはブリディシュロ
ック&ポップス系をよく聴くようになりました。

スタイル・カウンシルはその頃を代表する、吾輩が好きなユニット。

今週の「R25」にちょろり掲載されてました。
とくに「マイ・エバ・チェンジング・ムーズ」のプロモビデオに影響されてチャリンコが
趣味になったんだよなぁ。
スタイル・カウンシル(goo音楽)

<追記>
ところで、スタイル・カウンシルというと歌詞がとても過激なんですわ。最初に買った
「タンブリングダウン」とか「シャウト・トゥ・ザ・トップ」の訳詞を見て「なんこりゃー」
と当時中学生ぐらいだった吾輩は卒倒したことがある。
 カッコイイ音楽とは裏腹にその歌詞を叫びながら街頭を練り歩けば、反政府運動
デモを開催しているんか、って思えるほど(w
 ま、これには当時の英国が不況で失業者、とくに若者が職がない、という状況(マ
スコミ的にいえば当時は英国病と名付けられていた)あり、サッチャー政権がフォー
クランド紛争で暫定勝利するとかアメリカとの戦略核の中に組み込まれるとか、きな
臭い世情が背景にあったと思われます。
 よくよく考えれば、いまの日本と英国って状況が似てるよね。

<さらに追記>
吾輩がアメリカのハリウッド系の映画より、イギリス系の映画が好きなのはこの
ころに聴いていた音楽の影響が少なからずあるんかなぁ…。


※突き詰めればポール・ウェラーがスタ・カンの前に作っていたTHE JAMに行き当たる
そうだが、吾輩はリアルタイムで聴いていなかったので、ここでは割愛させていただき
ます。(正直スマソ)
[PR]
by ta_ch1967 | 2005-01-13 23:16 | マイフェバリット

SH602

 携帯が12月3日から変わりました。いままではT08(東芝)を使っていたんですが
今度はV602SH(シャープ)になりました。メガピクセルのデジカメ機能と光学2倍
ズームがウリなんですが…結構AFをあわせるタイミングが難しいんです!


ひなチャソの画像を取りましたが、動きの激しいひなチャソをうまく撮れないとこの
AtoZのウリがひとつ消えてしまいますからねぇ(謎)、なんとか習得せんと…。

a0024005_17223094.jpg

【写真上】新型のネコじゃらしに狙いを定めるひなチャソ

着うたは「マツケンマンボ」
メール着信はもちろん「マツケンサンバⅡ」よん(w
[PR]
by ta_ch1967 | 2004-12-06 17:21 | マイフェバリット

Space Runaway


 なんかサッカーの話題が続いてしまったので、ちこっと違う話でもしましょうか。
機動戦士ガンダムの後に富野喜幸(現・由悠季)監督が手掛けたSFロボットアニメ。
といっても今となってはマニアぐらいしか認識されないのではないでしょうかねぇ。
なにせ、キー局が東京12チャンネル(現・TV東京)、裏には銀河鉄道999ですからね。
本放送時は999の方を見てました(藁)
 とにかく、いまの年齢で見たとしても非常に哲学的で、ある意味宗教的な内容なので
地上波での再放送もあまりないはずです(東京地区ではね)。
 ガンダムも地上波で打ち切りの憂き目に遭いながら、数々のシリーズを生み出してき
たのとは対照的ですよね。ちなみに映画化はされていて「接触篇」「発動篇」のWリリース
方式という形で「ザブングルグラフティ」と併映されてました。

 さて…物語は2300年代…
地球から殖民が開始されたソロ星で「第六文明人=地球人が出会った6番目の地球外
文明人。ただし絶滅した形」が残した遺跡から巨大な宇宙船と三体の機体が発見される。
ちょうど同じ頃、ソロ星から見て地球とは正反対の方向にあるバッフ・クランから伝説の
イデの力の探索を行う捜索隊もソロ星(バッフ・クラン人の中ではロゴ・ダウ)に降り立っ
ていた。バッフクラン人は無用な衝突を避けるため、地球からの移民には接触しない方
針だったが、地球人に興味を示したドバ・アジバ総司令の娘、カララ・アジバが接触を試
みる。だが、それは思わぬ方向に。
 カララの護衛で出した戦闘機が、結果的に地球人たちに攻撃を仕掛けることになり、戦
闘状態に陥る。
 ところが、突然不思議なことが起こる。それまで動力もよくわからない状態だった三体の
メカが合体し、100㍍超の巨大なロボット「イデオン」として大地に立つ。
a0024005_11383536.jpg

 この物語の特異性は異星人とのファーストコンタクトでの不幸な出会い方。
主人公のコスモが戦闘の意思がない意味で白旗を揚げたのがバッフクラン
にとっては根絶やしの意味だったり、”文化”の違いや誤解からどんどん泥沼
の戦闘状態の方向へ行ってしまう…。
 それから登場人物が出てくるやつらがみんなエゴ丸出し、というかトンがって
るんだよね(笑)。
 カララは勝手に異星人と接触した上に異星人の子供を身籠るし(結果的に物
語のキーポイントになる)いちお主人公のユウキ・コスモはカリーヘアですよ!(w)
パパイヤ鈴木のヘアは2300年代仕様だったんですね(w)敵役のドバ・アジバ
は軍の総司令という立場にありながら娘を異星人に取られた、という私怨で攻撃
してくるし…あげく戦闘状態から命からがら逃げてきたソロシップの難民を、受け
入れない地球政府。
 彼らは本当にSpace  Runaway<宇宙の逃亡者>となる--。



 うわぁなげぇ~実はまだ核心の部分ではないんですが、またの機会に続きますyo…。
[PR]
by ta_ch1967 | 2004-08-07 09:58 | マイフェバリット

その後のジャガーさん。

 いやはや、羽田空港でこれから韓国へ行くつーのにジャガーさんを
追跡してみましたよ。

みなさまからのジャガー情報

恐怖の追跡・バンド・ミュージシャン編


そして極め付きはこちら! 本人様のサイトですが、金に任せてやたらめったら
画像が重いので何度も落ちます(爆)

ヤフーcafe品川・羽田やまん喫でも落ちたので、そうとうタフな回線がないと繋げ
られません(w

 さぁあなたも勇気を出してアクセスしてみませんか?

ご本人様サイト・ブラクラではありません
[PR]
by ta_ch1967 | 2004-07-21 11:21 | マイフェバリット

いやはや、なんとも…

 かつて…千葉県を代表するモノ…といえばピーナッツ、菜の花体操、そして

本八幡のHERO、JAGUARさんです(w
市川・本八幡地域でクリーニングとか看板・塗装業をなさっている青年実業家の方
が趣味を兼ねてライブハウス経営、スタジオ・レーベル設立。
 そしてちばテレビで番組をつくり、自分の曲とか発表したり、着ぐるみ怪獣と戦っ
ていましたが、最近氣志團のオールナイトニッポンに出演していたんですねぇ(w
 普通ロッカーなら成り上がっていくんですが、この人は「成り下がり」と呼ばれてまし
た…。さりげなく番組まで復活してますし…(w
「HELLO JAGUAR」
[PR]
by ta_ch1967 | 2004-07-19 01:25 | マイフェバリット

PINEAPPLE ARMY

「YAWARA」「MASTAR キートン」「MONSTER」でおなじみの浦沢直樹(原作
・工藤かずや)の初期の傑作。
 ビッグコミックオリジナルに1986年頃連載されてました。最近コンビニでリニュー
アルされて発売されているので、目にすることもあるかも知れません。
a0024005_3309.jpg

 ベトナム戦争帰りの日系人ジェド豪士は、民間軍事援助組織CMAのインス
トラクターをしている。民間人に護身の訓練を行うのが主目的のCMAは米国
をはじめ世界で注目を集めるようになっていた。
豪士自身は爆弾処理技術で勲章を受けたほどで、グレネードランチャーを片
腕で操るほどの名手。
訓練する時は厳しいがその奥底には「絶対生き残れ!」というメッセージを偲
ばせている。 1話完結で1-2巻では合衆国及び中南米が舞台、3巻以降は
欧州に活動を移す。

個人的には、ロンドンのチャイニーズマフィアのご老人連中が退職間近の警官
と麻薬シンジケートのボスたちの戦いを影ながら支援する「キング・オヴ・ザ・ロ
ード」や爆弾が仕掛けられたヒースロー空港で、爆弾処理犬と豪士の67分の物
語を描く「ドッグ・ウォッチ」(画像)、9・11事件を思わせるテロネットワークとの戦
いを描いた「黒の手紙」「素晴らしき休日」「微声拳銃」「竜鞱部隊」そして「最後の
切り札」にいたる8巻は必見。
[PR]
by ta_ch1967 | 2004-07-17 03:31 | マイフェバリット