ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ゆきゆきて、オマーン。( 36 )

バハラァ発○○行き。

a0024005_19192354.jpg

バハラァ要塞前のバス停。これでアラビア半島の諸都市に行けるはずだね。
機会があれば乗りたかった(w
[PR]
by ta_ch1967 | 2004-11-16 19:20 | ゆきゆきて、オマーン。

バハラァの少年。

a0024005_1853365.jpg


 バハラァの要塞の隣の軒先でボールゲームに興じる少年たち。
最初サッカーかな~と思っていたら突然レシーブの態勢になったり、ようは単なる
ボールゲームだった(笑)
 だけど、帰り道、ネットのないゴールマウスを乾いた大地でよく見かけたんだけど
こんな辺境の町でも、フットボールに興じる少年はたくさんいるんだな、と改めて
底力を感じ取った。
[PR]
by ta_ch1967 | 2004-11-16 18:57 | ゆきゆきて、オマーン。

バハラァの要塞。

 突然ですが、ゆきゆきてオマーン、再開します。
ニズワから車で3,40分の場所にある、バハラァの要塞。
しかし、工事中のために中に入ることが出来ませんでした。
a0024005_1705752.jpg

オマーンはまだ手付かずの遺跡・遺構が多い。整備されればオマーンも観光で
喰っていけるような気がする。ここバハラァの街も要塞の周りに集落があるだけ。
 この地区に住んでいる人の家は、日本では考えられないぐらい大きいパラボラアンテナ
を所有している。もちろん「アルジャジーラ」あたりも受信しているんだろうね。

a0024005_1763442.jpg

[PR]
by ta_ch1967 | 2004-11-10 17:07 | ゆきゆきて、オマーン。

玉袋筋太郎。

ここでお詫び。
ちょい、画像整理していたため、ニズワの写真も外付けのHDDへ持っていって
しまい、オマーン話(notおまんたばやし)が中断してしまいました。
さて、ニズワのおみやげモノ屋。
a0024005_13361627.jpg

 吾輩は結構渋い色と独特のシワシワ感に購買意欲をそそられ、さわさわしてましたが。

 このショルダーバックを物色していたら、店主がなにやたニコニコしながら喋ってきた。
なんだろーと思っていたらYさんが「それ、膀胱だってよ」。

え"っ?

うわっ、、、この得体の知れない袋、玉袋さんだったんですね、信楽焼きのたぬき
のものですか、と店主に小一時間問い詰めたい(w
a0024005_0443497.jpg

そのほかにも怪鳥の剥製とか、マシンガン(?)の薬きょうらしきものやオマーンの象徴
である小刀とかライフルの装飾用のカバー等も置いてありました。絶対空港で捕まり
そうなものばっかりですよ(w

 結局ここで買ったモノといえば銀製(?)のティポット。アラジン型ランプは時期カレー
のルーを入れる食器に化ける可能性があるため却下。4リアルだから1200円程度
だろう。でも、ここで大失敗。値切れば少しは安くなったんだよな(自爆)
[PR]
by ta_ch1967 | 2004-11-05 13:36 | ゆきゆきて、オマーン。

ニズワフォート。

 ところでいま一度オマーンの位置を確認してみよう。
a0024005_1413467.jpg

日本がFar Eastなら、オマーンはアジアの西の端だということが如実にわかる
と思います。同じアジアといっても文化の成り立ちはかなり違うし、自然環境等も
東のアジアとは全く異なる。しかし、このアラビア半島の田舎ともシルクロードや
海の交易路を使って日本や中国とも交流してきたんですよね。
a0024005_14145990.jpg

 今回はいけなかったんですが、マスカットの西にあるスハールからはシンドバット
が拠点としていた港町だったそうです。いまは面影もないようなんだけどね。
 内陸部にあるニズワはそんなオマーンの都だったところ。

その中心にある要塞がニズワ・フォートだ。世界遺産に登録したが、地味
かも知れない。

a0024005_1473681.jpg

[PR]
by ta_ch1967 | 2004-10-30 03:25 | ゆきゆきて、オマーン。
ニズワ見聞録(2)。
a0024005_17325390.jpg

 ニズワはオアシス都市であり、市場も備えているので、付近に住んでいる人
たちの台所でもあり、中央のモスクには多くの宗徒たちを呼び込んでいる。ちょ
うど昼前についたので、そうした人たちでごった返す喧騒の中、バスを降りた。
 ところで、きょうのガイド。英語が通じるのがほんの一握りだということでえらく
機嫌が悪い模様。バスが高速移動している時も、「Are you happy?」とか訊い
て来るんだよねぇ~。漏れら、無用に明るいアメリカ人とは違うんだから(w)そっと
しておいて欲しかったんだが(w
a0024005_17334474.jpg


 とにかく、町へ向かうと、いきなり案内されたのは市場の中。白い建物の中にあり
一見民家なのだが、中は広々としたドーム状の中にある。
 最初に入ったのは魚市場だ。意外と大きな魚を捌いている。ひょっとしてマグロ
の解体ショーなのか? ショーではないけど、こんな内陸部でマグロに出会うとは
思わなかった。少なくとも築地で見るような冷凍ではない。水揚げされてから、すぐ
この内陸部へ持ってきたんだろうね。しかし、思いっきり生臭い。処理したエラや頭
をすぐ近くに放置しているからだろう。なんかもったいない部位も捨てているようで、
魚を巧みに食べる日本とは違いはおおありのような気がした。

 魚市場を抜けると、今度は青果市場へ出る。ニンニクやコリアンダー、青菜は確認
できた。チンゲン菜ぽい青菜とか、こんな乾燥した土地でも瑞々しい野菜にはありつ
けるようだ。
a0024005_17341587.jpg

[PR]
by ta_ch1967 | 2004-10-27 17:51 | ゆきゆきて、オマーン。

ニズワ

ニズワフォートより望む、ニズワ中心街。
a0024005_10371292.jpg

a0024005_10394211.jpg

ニズワの代表的な建造物、ニズワフォート
[PR]
by ta_ch1967 | 2004-10-27 10:43 | ゆきゆきて、オマーン。
a0024005_11413713.jpg


朝7時半集合なのに、やっぱり暑い。
体感では30度近くあるはずだ。まあ覚悟は出来ていたけど、さすがに滅入るよね。
しかし、ガイドが集合時間になっても現れない(w
 現地のガイドが現れたのは、8時近くになってだ。日本人の感覚でいえば、遅刻
しやがってこのやろう、になるんだが、妙に明るいのが気になる(笑)
 まあ郷に入れば郷に従えだからねぇ。半日待たされるよりはマシか。

 オマーン国内には鉄道がない代わりに高速道路網が発達しているみたいだ。
吾輩らを乗せたマイクロバスは予定より30分遅れて出発したが、遅れを取り戻す
ためにか、それともいつもそうなのか、バスのお尻が振れるほど、ブッ飛ばす。
a0024005_11424795.jpg

a0024005_11441228.jpg

 マスカット郊外の道路沿いの道をよく見ると、結構ファーストフードの店があり、ハイパー
マーケットがあり、ここら辺は日本の地方都市でもよく見かける風景だ。時より見かける
モスクと白い家だけがオマーンにいることを思い起こさせてくれる。
 一番最初にオマーンはアラブの田舎と表現したが、車社会であることと、郊外店が
多いことを考えれば、アメリカ的な要素を受け入れているような気がする。
 途中、ガソリンスタンドに寄った。アレ?もう燃料ないんか?とおもいきや、ガソリン
スタンドに併設しているコンビニ店で買い物をしろ、ということみたいだ。思えば、水その
他をちゃんと用意していなかった。
 コンビニ&GSスタンドが現代のオアシスってとこだね。

  「セレクト」というコンビニで水と怪しげなジュース、新聞を2紙購入。そのうちの1紙
は英字紙で「オマーンオブザーバー」という名前でその新聞にはちゃんと結果と写真が
載っていた。もう1紙はアラビア文字の新聞で緑色の紙を使ってる。スポーツ欄はある
がさっぱりわからない(ワラ)。
 とりあえずロベルト・カルロスの写真は10段抜きぐらいで置いてあるのだが、アジア
予選の写真は全くない。アラビア文字が読めないのでどういう扱いかはわからないが
現地の関心というのは案外冷めていたんだろうね。 
a0024005_1145169.jpg

 しばらく走っていると、ハイパーマーケットやGSスタンドすらない一本道。
こんなところで迷子になったら路頭に迷うどころか、干からびるだろうな。
 アメリカ本土には行ったことがないんだが、スペインのバルセロナ~マドリードに
かけて特急の車窓からみたシェラネバタがやはりこんな不毛の風景を醸し出してい
た。ちょっとだけ違うのはスペインはベージュ色の風景だが、オマーンはライトグレイ。
  数十年後、月旅行が実現したとしても、オマーンと大差ないような気がする。
[PR]
by ta_ch1967 | 2004-10-26 11:44 | ゆきゆきて、オマーン。
【写真下】表の温度と冷房かけっ放しで寝たため、夜露に濡れる窓。
a0024005_4453096.jpg

歓喜に明け暮れた翌朝、いつの間にやらベッドで寝てしまったらしい。朝6時近く。
冷房を弱にしていたのだが、適度に冷えて、寒いくらい(笑)気がついたら、Yさんは
すでにシャワーを浴びていた。
 きょうは、マスカットから200㌔以上はなれたオアシス都市、ニズワに向かう。
1泊4日の日程ではこの日しか行く日がない。Yさんも慌しい日程のなか、この日程を
選んだそうだ。なるほど、同じ部屋になったのもうなずける。
[PR]
by ta_ch1967 | 2004-10-25 04:45 | ゆきゆきて、オマーン。
a0024005_16395642.jpg

 さて、長々とマスカットロールプレイングにお付き合い下さいましてありがとう
ございました。とりあえず、これからは試合日の翌日に訪ねた第二の都市ニズ
ワへいった時のお話を始めたいと思います。
 
 マスカットは首都でありながら、出稼ぎで来るインド人、パキスタン人、及び
フィリピン人の方が多いような土地柄だったんですが、ニズワ地方はかつての
オマーンの首都であり、アラブの各地を結ぶオアシス都市として発達した町で
す。人口はそんなに多くない模様で6万程度。香辛料の香りがするエキゾチック
なところです。


a0024005_1640306.jpg

[PR]
by ta_ch1967 | 2004-10-24 16:47 | ゆきゆきて、オマーン。