ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Blue/Red/Yellow( 199 )

 五輪代表練習試合のもうひとつのお目当てはチュンソンだ。この日は先発で出場し、山形の豊田と2トップを組んだ。ジェフのキックオフから始まったこのゲーム、ホイッスルが鳴ると同時にボールをガンガン追いまくる。このへんはノブリンからも「前線からのプレス」を叩き込まれているのでお手のものだろう。豊田がトップを張り、チュンソンはやや下がり気味でプレイ。

 ただ、中盤との呼吸が今ひとつなのか、あまりいい形でボールをもらうことが出来ない。もちろん、ジェフ側からも激しいマークを受けているのだが、中盤はいったん「外」という意識が見え隠れする。せっかく、チュンソンが走ってスペースを作っても、走り込み、パスみたいなのが不発。
a0024005_13533040.jpg

 それでも、独自にゴール前に迫り、シュートレンジまで持ち込むもGK中牧の好セーブでゴールに持ち込めない。もともと持ち時間が30分程度だったらしく鹿島の興梠と交代。
a0024005_1473726.jpg

a0024005_1354454.jpg

 中盤はOA枠の遠藤を想定して作っていたことは見て取れ、チュンソンがいったんボールをもらうために下がらないといけない場面が多く見られる。レイソルでも王様フランサのサポートするチュンソンとしては苦にならないだろうが、このままではチュンソンのゴール嗅覚を生かし切れないと思う。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-07-10 14:43 | Blue/Red/Yellow
吾輩が職場の近くのラーメン屋で冷やし麺を食べていたら組み合わせが決まったようである(笑い)
a0024005_047020.jpg

※「日比谷よかろう」の太肉涼麺(1000円)ちと高いが豚の煮込み肉がとろけるようにうまい。残念ながら来月4日にイイノビル建て替えのため一時閉店する。

a0024005_0213383.jpg




しかし…
【A組】      【B組】
豪州         韓国
日本         イラン
バーレーン     サウジアラビア
ウズスベキスタン 北朝鮮
カタール       UAE

3次予選グループ1の豪州とカタール、グループ3の日本とバーレーンにグループ4のウズベキスタンが入りA組。

グループ2の韓国と北朝鮮、グループ5のイランとUAEにグループ4のサウジでB組。

この組み合わせ、3次予選を牛の反芻したように同じ組の国がくっついたよな(笑)どちらかといえばイランのダエイ監督も言っているようにB組の方がタフかも知れない。
イランのグループは厳しい:アリ・ダエイ監督(AFC)

 それでも日本が苦戦しそうな悪寒がするのは…やっぱりあの人の存在かwww


↑証拠もなく3回目の登板! ”あの人”にそっくりな妖怪にかどわかされる寿司の折り詰めを持って千鳥足なサラリーマン(by水木しげる先生)
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-06-28 00:37 | Blue/Red/Yellow

巻、never gave up!

 主力抜きのバーレーンに最後の最後までおつきあいしていた岡田日本。もうすぐロスタイムにはいらんばかりの時間にクリアされたボールを内田がヘッドで拾い、そのままボールは緩~い弧を描く。GKが落下地点で待ち構えるようとしたが、そこへ途中出場の巻!
a0024005_3574352.jpg

 巻が突進する姿をGKが気にしたのか否かそれは定かでないが、ボールと巻がそのままゴールマウスへ(笑)最初見た時、巻がゴールを入れたのかと思いきや、別角度のカメラで、まったく触っていないことを確認。それにしても巻の雄叫びで半分ダマされたよ。

Freak goal gives Japan win(FAFA.com.)
(リンク先は巻の写真ばっかww)

 結果論だけど、巻が猛烈に突進したおかげで日本のグループリーグ首位通過が決まったようなもんだなw

 最終予選に向けてはかなり不安な出来なんだけどな。

【追記】
巻エアヘッド決めた!? 本当は内田超ラッキー弾(東京中日)
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-06-23 04:17 | Blue/Red/Yellow
バンコクのラジャマンガラスタジアムの写真です。
a0024005_17111122.jpg


バンコクの中心部から車で30分ぐらい。渋滞にもはまることなく試合開始2時間前に到着。
a0024005_17114531.jpg

当日手渡されたピンクのチケット。日本応援エリアはS席(南側ゴール裏)と指定されてましたがほぼスタジアムのエリア(ホームゴール裏を除いて)日本人が散在。一番高いWエリアでも500バーツ(1500円)。

More
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-06-18 17:23 | Blue/Red/Yellow
 お久しぶりです。
 タイからはきのう帰ってきたのですが、そのまま仕事だったので画像整理もままならず、というといころです。ここでは得点シーンを中心に紹介したいと思います。
a0024005_13193598.jpg

 試合前の「君が代斉唱」
a0024005_16554077.jpg

先制は遠藤のFKから闘莉王のヘッド!
a0024005_16561687.jpg

2点目もセットプレイ。中沢のボンバーヘッドさく裂!
a0024005_16565993.jpg

タイ戦では高さで絶対的に必要だと思われた巻は結局出番なし。
a0024005_16573655.jpg

 ペナルティエリアで玉田が倒されたけどノーホイッスル。
a0024005_165835100.jpg

 トドメの3点目は途中出場の中村憲剛
a0024005_16592652.jpg

a0024005_170040.jpg

日本側のS席エリア前に向けてでガッツポーズ!

 14日の現地の気候が思ったより涼しく、風もあったので、湿気でジリジリ体力が奪われることもなかったのでもう少し点は取れたような気がします。観衆も現地のガイドさんの話によれば2万人近く日本人が来ていたのでアウエーという感じはしませんでした。

 とりあえず、J再開まではタイの写真で引っ張っていきます(?)
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-06-17 17:09 | Blue/Red/Yellow
 3年半前にこの荒涼としたオマーンへ赴いたときとは違うスタジアムだったが(前回はスルタン・カブース・スポーツコンプレックスだったが、今年は規模が一回り小さいロイヤルポリススタジアムで開催。スタジアムは違えど、あの荒々しい山肌をたたえる山と不気味な笛の音は健在だった。
日本1-1オマーン(マスカット)
 試合開始早々、自分たちでボールをキープつつペースを握る意図が見え隠れする日本代表。しかし、夕方5時を回っても38度をキープする暑さは冷房ががんがん効いている部屋で観戦しているとわからないだろうが、想像以上に体力を消耗する。そんな中でペースも考えずに先制パンチを食らわせよう、という考えは浅はかだと言うほかない。案の定、次第にペースダウン。オマーンの方がしっかりカウンターを仕掛けるのが明確になる。

 その直後にFKから始まり、オマーンの12番が放ったミドルのグランダーが面白いように日本DFの間をくぐり抜けゴールマウスに突き刺さる。まさかの失点だ。取り返そうと釈迦りきにボールを奪いチャンスを仕掛けるが得点には結びつかず。しかし、普通はアウエーの地ではより慎重に戦うのが鉄則だ。まして、勝敗がそのまま予選の順位に直結するW杯予選だ。
 後半、玉田が強引にドリブルで仕掛けペナルティエリアで倒されPK獲得。しかし、微妙だ。日本ではシュミレーションをとられそうだ。それでも遠藤がなんなく右隅に流し込み同点。ここからは勝ち越すために猛攻に転じるところだが、逆にオマーンに攻められ、オマーンの9番を後ろから追いかけた闘莉王が手をかけたと判定されまたまたPK判定。どう見てもシュミレーションに見えたが、玉田の判定が基準なら仕方がないか。覚悟は決めていたが楢崎がPKを止めて勝ち越しを許さず。

 オマーンが引き気味に日本がそのスペースを利用し攻撃を仕掛けるがフィニッシュには至らず。そんな時大久保がGKアル・ハブシと接触した際、起き際にGKを蹴ったようなカタチになり痛恨のレッドカードを食らう。相手も大久保の股間を足を入れたような状態だった。報復行為に見えたのだろうか? 日本は10人となったが、オマーンも近くにいた松井を突き飛ばした選手が退場になり10対10.でも結局スコアは入らずに1-1のドローだった。

 この試合で不思議に思ったのが日本でも38度という環境の下でサッカーをするのは稀なのに、自分たちの戦いを遂行しようとするあまり、オマーンのカウンターを許すような場面がたくさんあったことだ。アウエーでしかも酷暑のオマーン。月曜日の勝利で相手をなめたのか、中東で幾度も試合をしているわりに学習能力がないように思えた。結果的に負けなくて済んだが、手痛い勝ち点マイナス2に見える試合だった。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-06-08 04:50 | Blue/Red/Yellow
フランス・トゥーロンで行われていたトゥーロン国際大会3位決定戦は後半37分に森重のゴールで一時逆転したものの、ロスタイムに失点して2-2.再びイタリア戦に続きPK戦に突入。

後半ロスタイムに失点!PK戦で敗れ日本4位…トゥーロン国際(報知)
日本PK戦の末敗れ4位に/トゥーロン国際(スポニチ)
日本対コートジボワール(日刊)

 しかし、チュンソンと水本が連続してPKを外し4位に。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-05-30 04:29 | Blue/Red/Yellow
 さいたまの端っこで観戦したキリンカップ、日本対パラグアイ。巻の先発を見に行ったというより、Jリーグ観戦が6月下旬頃までかなわないという反動でしょうか?なので、
a0024005_250763.jpg

巻が
a0024005_2502957.jpg

円陣の後にダッシュする姿を見て嬉しかったですよ。(某赤チームの軍門に下った方はチンタラ歩いていたみたいですケドね)

 とくに、前半5分でしたっけ、巻が右に流れてDFを引きつけ、山瀬が飛び込んだところにパス。残念ながら、山瀬は決めきれなかったのですが、巻が最前線からプレスし楔(くさび)となって縦横無尽に動く姿は、ケガ明けとは思えないほど。巻をより上手く使うのであれば、中盤からMFがどんどん飛び出さないとダメ。

 ところで某所で俊輔のクロスを跳ね返す巻という動画が紹介されていたんだけど、アレは楔だったのでは?あの時、MFたちはなんで巻のボールがこぼれて来るのを見越して飛び込まなかったんだろね?
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-05-30 03:04 | Blue/Red/Yellow
 先週の木曜日に続き、キリンカップ観戦です。とくに日本代表が見たい!応援したい!というわけではないですけど、たまたま休みが合っちゃいました。最近は週末休みがなかなか取れないため、貴重なゲーム。

 といいつつ、最近の代表戦は見に行くモチベーションが落ちたというか、川淵を儲けさせたくないという意識もあって遠のいてました。気がついたら昨年のキリンカップ、コロンビア戦以来でしたよ。
a0024005_16541992.jpg
a0024005_16544665.jpg

 ただ、そのまま埼玉スタジアムへ行くのも癪なので(謎)、職場近くの日比谷公園で開かれているオクトーバーフェストで昼間はビール三昧。職場の近くで飲むビールのうまさは格別です(笑)ここでプチドイツを堪能した後、日比谷線に乗って埼玉スタジアムの勝手口、北越谷へ向かいます。
a0024005_16552193.jpg

 地下鉄にゆられて約1時間、18時頃に東武線北越谷駅に到着。浦和美園駅から徒歩が”正道”ですが、混雑を避けるため、レッズ戦でもこちらを使用するのですが、キックオフ1時間前で閑散。もっとも平日ということもあってこれからなんだろうな、と思いきや
a0024005_16563585.jpg

吾輩が買ったアウエー側カテゴリー4(メイン側)の閑散ぶりがすごいwww
前売り段階で切符が売れていないことは承知していたけど、キリンカップでここまで空席が目立つのも久しぶりぢゃない???
a0024005_1657691.jpg

 さて試合内容まで書こうとしたんですが、肝心なモノを忘れたので次回のエントリーにて。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-05-28 17:10 | Blue/Red/Yellow
 例年、この大会にはU-20世代か大学ユニバーシアードへ派遣されるチームが出場をしていたが、今年は五輪代表チームが出場。初戦はオランダのU-23相手にチュンソンがゴールを決めて快勝した。

…見逃したので若干棒読み気味ですが(自爆)、この試合には晃樹も出場した模様。

次のフランス戦は三ツ沢の帰りにPVやっているところがあるので寄ってみるか。
 
 ところでオランダは本番に向けて控えのテストの意味合いもあってトゥーロンで戦っているのに対し、反町日本の方はいまだ迷いがあるようで…勝ったとはいえ、短期間で本番に間に合うのだろうか…。

李V弾!日本、五輪“前哨戦”オランダ破った…トゥーロン国際(報知)
トゥーロン国際星取&日程(スポニチ)
ツゥーロン国際大会(公式・仏語のみ)
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-05-21 12:50 | Blue/Red/Yellow