ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:この街のどこかに。( 165 )

実は今年で第2回なのである(笑

昨年はコースとは真逆のビッグサイトから出発も、スタート時間が午後からというなめた時間だったため、結局、銀座で終了。その続きを歩こうとしたが、いろいろ諸事情という名の先送りで1年後のいまのいまになって突如復活したのである…とブログ上では今回が初なので復活も何もないわけだがww

 東京メトロの西新宿駅に置いてあった無料冊子の地図を元にスタート位置を確認して都庁前を14時18分にスタート!
a0024005_16133732.jpg

 スタート時間がなめきった時間ですが、「寝坊」です。
なので日没までにどこまで歩けるか!
a0024005_16141045.jpg

さすがに人が少ない月曜の昼下がり。
a0024005_16144243.jpg

a0024005_16152847.jpg

いきなり歩道橋のアップダウンに息が上がる吾輩。
a0024005_16155466.jpg

新宿のガード下は野趣あふれる香ばしい臭いに嗚咽感(苦笑)

そして…
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-02-25 16:40 | この街のどこかに。

「ひちょり」焼肉。

昨日は休みだったんですが、特に決まった場所に予定があったわけではなく(早起きしていれば豆まき会に行こうかな、と漠然と考えていたんですけどね)、柏から北千住、さらに歩いて南千住、流れ流れて、三ノ輪。
ここからは昭和レトロ漂う、都電に乗ります。
a0024005_343133.jpg

a0024005_3432785.jpg

チンチン電車に揺られて町屋駅。ここで引き返そうかな、と一瞬思ったけど
a0024005_3434495.jpg

町屋から京成に乗り換えて日暮里へ。
ファイターズの切り込み隊長、森本稀哲(ひちょり)選手の実家の焼肉屋「絵里花」へおじゃましました。
a0024005_3355461.jpg

 焼肉も撮影したはずなんですが、なぜか消えてもうた(号泣)
吾輩はカルビとハラミ、てっちゃんを頼みましたが、肉が柔らかくてジューシーでした。事前にネットで調べてえのきどいちろうさんも絶賛していたのですが、期待に違わず、おいしい焼き肉を頂きました。シーズンオフで吾輩一人しかお客さんがいなかったのですけど、シーズン中はひいきのチーム問わずににぎわうようです。

ちなみにひちょりの応援歌の出だしが

♪焼き肉絵里花 日暮里駅前 歩いて5分の一等地

心の 叫びを バットにぶつけろ 立ち上がれ いざ魅せろ 燃える男の魂を~


…なんだけど、応援歌通り日暮里駅から徒歩5分ぐらいでしたよww
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-02-04 04:25 | この街のどこかに。
夜11時だ~れもいない横浜・中華街…。。。
a0024005_246501.jpg

a0024005_2485011.jpg

a0024005_249517.jpg

しかーし
a0024005_2533488.jpg

こちら、関帝廟の前には次々と人が集結してますよ。


 そう、中国などでは旧暦のお正月がきょう、1月26日なんですよ。

だから
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-01-26 02:57 | この街のどこかに。

日中獅子舞対決。

獅子舞がいると聞きつけて飛んできました、いや、わざわざ自宅までシシ君を取りに行って再び横浜中華街へ戻ってまいりますた(笑)
a0024005_20455158.jpg

やーやー我こそは一番槍のシシ君でござーぃ…
a0024005_20473027.jpg

迫力が違うwww


思わず一般の見学者と化す、シシ君。傍観せざるを得ないとは…



ついでに爆竹に驚いているようでは…(www
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-01-26 02:43 | この街のどこかに。
歌舞伎には前々から興味があったんですが、きっかけがなくこの御年までまったくの門外漢でした。応援していた筑陽学園高校が四中工にPK負けしてしまったので高校サッカーへは行かずに浅草へ繰り出してみました。(1月5日に観劇)
a0024005_1741863.jpg

【ベタですが浅草雷門前】
a0024005_1755362.jpg

平日だったので当日券でも大丈夫でした。ただ、まだ正月、松の内ですからねぇ。仲見世や老舗のお店はどこもかしこも超混雑でした。
 まず初めてだということで3等席(2000円)。3Fから舞台を見下ろすような感じですけど、花道の一部が隠れてしまう難点は仕方がないけどよく見えました。
a0024005_1792129.jpg

今年は毎年出演していた中村獅童が新橋演舞場に出演。中村勘太郎、市川亀治郎、中村七之助、市川男女蔵、尾上松也、中村亀鶴といったラインナップ。
 1部(午前の部)と2部(午後の部)、どちらかにしようか迷ったあげく、歌舞伎を知らない門外漢でも知っている「一本刀土俵入」(中村勘太郎、市川亀治郎)と「娘道成寺」(中村七之助)にしました。
a0024005_17155766.jpg

a0024005_17165121.jpg

しかし…物語として知っていた「一本刀土俵入」の舞台が取手と我孫子付近って知らなかったんですよ(笑)なんの先入観もなく「松戸」「小金」、「布施弁天」(あけぼの運動公園近くの弁天様)という地名を聞いていたらどんどん引き込まれて、最後は不覚にも泣いてしまった(自爆)。
歌舞伎の演目としてはまだ新しく、78年前、浅草で上演されたのが最初だったんだとか…

ということで
[PR]
by ta_ch1967 | 2009-01-07 17:18 | この街のどこかに。
ご無沙汰しております(ペコリ)。
a0024005_15392411.jpg


Jの日程が組まれていない週は退屈だけど、それを自分で埋めれば済むこと。今週は毎年聴きに行っている宮沢和史弾き語ライブ「寄り道」のライブが香川県の小豆島で開かれるということで1泊2日で行って来ました(笑)。関東付近…10日にはMIYAの出身地、甲府で「寄り道ライブ」だったんだけど日程がまったく合わず。今年は行けないかな…と諦めていたが一発奮起の遠征決定!

 たぶん、小豆島というところに興味があったからかな。ここは何度も通り過ぎている…広島や大分遠征でフェリーを使ったときとか、昨年、仙台のオカを応援するためはるばる松山へ行く途中にも。

小豆島へ。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-10-14 16:13 | この街のどこかに。
a0024005_2331812.jpg

今年で4年目になる宮沢和史の「寄り道」に参加するのは吉祥寺、郡山、那覇、軽井沢に続いて5回目。今年は春にはまったくスケジュールが合わずに半ば諦めていたんだけど、勤務日程が発表になったときに唯一はまってくれたのが小豆島だった。スケジュールがタイトになることを承知で1泊2日の旅を設定。

高松のフェリー港から約1時間、バスで10数分、たどり着いたのが道の駅でもある「オリーブ公園」。ギリシャをイメージした建物、彫刻が並ぶ、美しい公園でした。

公園の中は…。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-10-14 16:12 | この街のどこかに。
 そういえば2006年も行ったっけなぁww(昨年もここで待ち合わせて友人と飲み会やってます)。

毎年この時期になると楽しみしているのが「麻布十番納涼まつり」。六本木のおひざ元で大使館も多い土地柄なのに、どことなく下町情緒を残す麻布十番商店街が開催する夏のカーニバルに…今回は夜は行けないので仕事前に訪ねてみますた。

ここの魅力はなんといっても無国籍な屋台が出店すること。

納涼祭りと併催されている一ツ橋公園で行われている国際バザールからのぞいてみますか。

混雑と交通規制を避けて手前の赤羽橋駅から徒歩10分弱、すでに多数の人と屋台からもくもくと吐き出される煙が目印。

受付でおまわりさんからうちわを案内図をもらい、インド料理とアルゼンチンのソーセージバーベキュー屋台が賑わってます。思わず、
a0024005_243418.jpg

臨海時代の「サマナラ」を彷彿させるナンの竈に誘われてインド料理の屋台でチキンカレー(900円)をゲット。
a0024005_244897.jpg

仕事前だからお酒が飲めない…ハイネケンを飲んでいる人多数(涙目)

さて、早々に本丸である麻布十番商店街へ突入!。フレンチの「ル・プチ・トノー」ではハーブ入りのソーセージとポテト。
a0024005_2492919.jpg

陽気なフレンチたちが絶叫しながら呼び込みしてますw ワインもあるんだが…飲めない
となりにホッピーがあったww
a0024005_250337.jpg

ソーセージもさることながら、付け合わせのポテトが うんまい!
これ食べちゃうとマックのポテトは(以下自粛)
a0024005_2552231.jpg

パティオ10番の近くではドンペリ1杯2000円で売ってましたw
a0024005_3784.jpg

酒屋さんも日本酒やら焼酎やら…うわーへべれけになりてぇ(w
a0024005_381944.jpg

こちらでは盆踊りの準備に余念がないようです。

そしてこのお方。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-08-24 02:57 | この街のどこかに。

愛宕山、登った。

ただいま、マニュアルレンズにてカメラ修行ちぅ。
最近AFに加え絞り値やシャッタースピードまでカメラに依存し過ぎていて、ダイヤルでP(プログラム)に合わせてもイマイチ自分のイメージと合いません。

 というわけで被写体として選んだのは東京都港区にある愛宕山。平地にひょっこりそびえ立つ25.7メートルの山です。

起点は日比谷線神谷町駅。ここは東京タワーのおひざ元。
a0024005_1545593.jpg

夜の方が風情がある(ちと絞り過ぎて堅めの画像に…)
a0024005_1554483.jpg

a0024005_1561587.jpg

タイムトンネルのような愛宕山トンネル。
a0024005_1564767.jpg

トンネル内のランプが時代を感じさせる。

a0024005_1581596.jpg

邪道だが、エレベーターで昇る(w  NHK放送博物館へはここからが便利。

a0024005_1585158.jpg

木立のトンネルを抜けて、左に行けば博物館、

右に行けば
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-08-14 15:16 | この街のどこかに。

2分間だけの夏フェス。

昨年は沖縄行って夏フェスを堪能したんだけどなあ…

唯一行けそうで聴きたい音楽が満載だったのが、昨日夢の島で開催された
夢の島WORLD HAPPINESSでした。実際、仕事になっちまいましたが…。

 夢の島は吾輩が幼少の頃はまだゴミの処分場が残っていて、小学低学年の時はハエが入ってくるから窓を開けないように、とまでいわれてました。
その後、公園に整備され、夢の島のプールとか行ってましたよ。そんな自分にとって一番身近な場所で行われた音楽夏フェス。
a0024005_15373595.jpg

通勤で敢えて武蔵野線快速を使って新木場で下車し、ホームの上で遠くの会場を眺めて…
a0024005_1532542.jpg

わずか2分ですが、今年の夏のフェスは終わりました(w


とかいいつつ、9月15日の【10,000 SAMBA! ~日伯移民100周年記念音楽フェスタ~】の方に照準が合っているわけだが…。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-08-11 15:52 | この街のどこかに。