ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

日本対エクアドル(3・30/スポナビ)
a0024005_11434520.jpg

 攻め続けながらも膠着状態だった後半40分、こじ開けたのは佐藤寿人。左サイドの三都主の低めの弾道のクロスボールに左足で合わせてボールはゴールマウスの右隅へ吸い込まれた。

 この日先発した玉田も、かつてのキレが戻ってきたように見えるが、相変らず得点できない。また玉田と交代したFWが結果を出したということで、べンチで見ていた彼の顔は複雑だった。ただ、FWは結果を出してナンボなのだ。

 一方、寿人はジェフで似たタイプのワラシさんなどの後塵を拝し、出番を求めてC大阪や仙台、広島と転々。場所を選ばず、常にプレーできる環境を求めて着実に実績を積み上げてきた。もともと、使いながら伸びるタイプなんだろうな。吾輩の知り合いでU-16時代から見てきた人に言わせると、寿人は常にシュートをプレーの中で打ち、いろいろなパターンを習得していったという。いくら練習でシュートを決めようが、実戦で役に立たないといけない。寿人は実戦でシュート勘を養い、昨年のJリーグ日本人得点王に繋げたのだろう。
 
 ただ、寿人自身「今日点を取っても、まだまだFWの中では一番下なので、点を取り続けなければ(ワールドカップ登録メンバーの)最後の23人には残れないと思う」と自覚をしている。吾輩の悪い予感だとケガから戻ってきた柳沢が実戦も経ずに代表復帰しそうな(例えば第3GKを予備登録してでも)気がするので、得点を積み重ねて有無も言わせない状況を作りたいところだ。
[PR]
by ta_ch1967 | 2006-03-31 12:58 | Blue/Red/Yellow

ネコはY字開脚。

a0024005_14404141.jpg

ふなチャソはご機嫌♪
a0024005_14411739.jpg

接写失敗
a0024005_1441591.jpg
a0024005_14425585.jpg

結局、コンパクトサイズにご就寝♪
[PR]
by ta_ch1967 | 2006-03-28 14:47 | ネコ
イスラム教改宗でトルシエ氏改名オマル(3・27/日刊)
a0024005_1972299.jpg

 久しぶりにこの人の名前を聞いた。いや、このニュース自体は紙媒体になる前から流れてきてはいたんだがw
 あのエキセントリックなフィリップ・トルシエ氏がモロッコでイスラム教に改宗したそうだ。母国よりアフリカなどで活躍していたトルシエ氏にとってはイスラム教は身近だったんだろうな。
 さて、この人はフラット3をベースにした考えの持ち主だったが、最初の頃、U20や五輪代表を率い、若手を抜擢しながら自分のチームのベースに加えていった。フラット3自体は日本人にあっていたかどうかの議論はいまさらやっても不毛だが、代表監督が下の世代を包括しながらA代表に組み入れたところまではよかった。しかし、フランスに5-0で敗れた頃からフラット3以外のオプションを試すどころか、ウィングバックを下げただけで、アグレッシブな戦術に自ら蓋をし始めた頃から、限界を感じていた。
 下の世代を包括する姿勢は代表のベースを作るのには不可欠だと思う。この4年間、ジーコ監督は下の世代には見向きもせず、A代表は下の代表の戦術とベースがまったく違う4年間を過ごしてきた。いまはトルシエ時代に抜擢された選手の財産があるからいい、しかし、その先は少し不安だ。
[PR]
by ta_ch1967 | 2006-03-27 19:07 | Blue/Red/Yellow
a0024005_13254854.jpg

 今頃笠松では水戸対柏がキックオフしたばかり…かな? 夜は仕事で今年初ナイターの千葉対鹿島も観戦できず…どこへも逝けない八方塞がりということで、みんなの記憶からは失われつつある1年前の出来事を思い出して見ました。

 イラン対日本(テヘラン・アザディスタジアム)
昨年と同じ写真を使っているような気がするが、気にせずwww

More
[PR]
by ta_ch1967 | 2006-03-25 14:07 | Blue/Red/Yellow
日本代表、キューバを破り、初代世界一に!! (3・21/スポナビ)
a0024005_1512966.jpg

 21日は日立台にいたため、リアルタイムでは日本が4-0でリードしていたところまでは自宅と、柏市内にあるセガの街頭テレビで見ていた。スコア的には大丈夫だろうと思っていたので、スタジアムへ行ったが、ハーフタイムにはポータブルTVを見ていた連中がニッポンコールをしていた。
 日本国として誇れるものが少なくなっている昨今、WBC日本代表が世界一になった功績は大きい。いままで世界との対決が限られていた日本の野球も、世界で通用することが証明された、ということだ。ま、アメリカの陰謀(笑)でカリブ海の強豪と戦えなかったのは残念だけどね。
a0024005_15161161.jpg

a0024005_15164639.jpg


 イチローや西岡やムネリンばかり露出しているが、小笠原も地味ーーーーーーーーーに決勝で犠牲フライ2本で2打点です。ま、ガッツよ、この悔しさを是非、パリーグで晴らそうやw
[PR]
by ta_ch1967 | 2006-03-23 15:18 | やきゅう

日立台、勝利の凱歌。

a0024005_17231881.jpg

谷澤の2発で今季ホーム初勝利!
[PR]
by ta_ch1967 | 2006-03-21 17:23

茂原岳人選手の逮捕。

茂原岳人選手に関する報道について(3・20/川崎公式)
 昨夜のニュースで一番ビックリした。一応、柏レイソルに籍があるので取り上げておく。
川崎F茂原が女性宅に侵入し逮捕(3・20/日刊)
<住居侵入>J1川崎の茂原選手逮捕 女性の部屋に指紋(3・20/毎日新聞)

茂原は前橋育英高校の選手として高校選手権で活躍後、神戸に入団。その後川崎へ出され、石崎監督(当時川崎、現柏)の下で素質を開花。柏に移籍するもあまり出場機会にも恵まれず、ユース代表の時に世話になった広島・小野監督の引き合いで広島へレンタル。いったん柏に返却されるも、請われる形で川崎へ再びレンタル移籍に出された。ところで事件があった1月12日は柏と川崎双方でレンタル移籍の発表があった日なんだよね。
茂原岳人選手獲得のお知らせ(1・12/川崎公式)
 移籍発表があった日から約3日の間、選手は忙しくないのかなぁ…。ま、水面下で話は進んでいたはずなので、すでに川崎に居を移したあとのことなんだろうけど、少し疑問が残る…。
 とりあえず、続報を待ちたい。
[PR]
by ta_ch1967 | 2006-03-21 03:00 | NEWS
 韓国を三度目の正直で破り、決勝に進出したWBC・日本代表。決勝の相手は野球大国キューバだ。

【WBC】赤い稲妻キューバは特権階級(3・20/日刊)
【WBC】アマ軍団キューバが決勝進出(3・20/日刊)
キューバ野球(地球の歩き方)
 しかし、キューバをアマ軍団としていいものなのか…。実際、キューバの野球エリートは、国内リーグに国家公務員としてプレイ、主力には共産圏としては異例の待遇を受けている。いわゆる資本主義下のプロ契約ではないだけで、実質プロ。しかも、キューバはもともと3月はシーズン真っ只中、体力的にもピークなはず。

 さて、その実況を日本テレビ、船越アナが担当するそうですな。2000年シドニー五輪南アフリカ戦のゴール28連発が記憶に新しいですが、明日はどんなパフォーマンスが飛び出すか、こちらも注目(って実質同時刻には柏にいるはずだけどw)
[PR]
by ta_ch1967 | 2006-03-20 17:44 | やきゅう
セント・パトリックデー・パレード(INJ)
 今年で15回目を迎える、東京のセント・パトリックデー・パレード。アイルランドにカトリックを広めた聖パトリック師の誕生日(3月17日)を祝う催しですが、日本とアイルランドの交流を深めるために毎年この時期に行われている…しかし
a0024005_1723311.jpg

 2度寝をして、気がついたらWBC日本対韓国がすでに佳境に入っており、着の身着のまま表参道へ…
a0024005_17241178.jpg


 残念ながら、パレードはすでに終っており(苦笑)、緑色の服を着た人をチラホラ見かける程度 Orz…。
 それでも日本看護協会ビルでアイルランドのTシャツやCDを売るブースを発見。その奥ではダブりナーズが出張パブを開いており
 なぜか、スターフライヤーが隣でキャンペーンをしていた(笑)
a0024005_17252037.jpg

a0024005_17265487.jpg

 しばし途方に暮れて、トボトボ歩いていると…
a0024005_17273389.jpg


ドンデン返し。
[PR]
by ta_ch1967 | 2006-03-19 17:40 | この街のどこかに。

WBC 誤審というよりは…

a0024005_233343100.jpg

日本、米国と接戦の末、3-4とサヨナラ負け(3・13/スポナビ)
 この試合、負けたことにショックがあったわけでなく、アメリカでは審判は絶対的で特に球審が絶対的な権威を持っており、抗議でジャッジが覆るということはない、と思っていた。それはあくまでメジャーの舞台だけなのか…。WBCの第2次リーグ日本対米国で起きたタッチアップの判定は野球をかじっているものが見れば絶対、おかしいと感じるはず。
 試合の方は、日本が9回にもう一度一死満塁の状況まで作りながら勝ち越せず、9回裏にサヨナラを喫した。この幻の勝ち越しがそのまま生きたのかは疑問だが、もう一度、アメリカと対戦し是非勝って欲しい。
▼元日本ハムの今関勝氏の観戦記▼
今関勝のWBC観戦記

“渦中”の球審とはどんな人物!? システムの欠陥を露呈したWBC (3・13/スポナビ)
[PR]
by ta_ch1967 | 2006-03-13 23:58 | やきゅう