ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー

<   2007年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

3月31日(土) 2007 J1リーグ戦 第4節柏 2 - 0 F東京 (19:04/柏/10,793人)(JsGoal)
 前半は仕事をしながらTVの前で首を左右にフラダンス。パソコン前では肩こりを解しているように見えるので無問題だ(笑)。

※ここでいうフラダンスとはフランサのチャントを歌いながら左右に頭を振る動作の事である。仕事上、歌わないけどなw

 後半はTVに釘づけ。もはや仕事は手につかない。もっとも、きょういる場所が違うのだよ。パソコンの前に帰ってきたら写真のような貼り紙だ(苦笑)。
a0024005_1432883.jpg

 最後にゴール裏の前で獅子舞を持って勝利のダンスを陣頭指揮する横井さん、お疲れ様でした。あなたは世界一幸せな広報ですよ!。次はどんな仕事をするのかわからないけど、レイソルでの思い出を大切にして下さい、お疲れ様でした。
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-03-31 21:32 | もばいる親方号。
 3・28のシリア戦チュンソンのプレイ場面をより抜いてエントリーを作りました。この試合は反町ジャパンがこだわって採用し続けた3トップをやめてトップ下に家長が入る布陣。この日の相棒はヒマラヤ平山。
a0024005_259354.jpg

 こんなGKと1対1の場面なんかもありましたが
a0024005_35366.jpg

a0024005_32515100.jpg

囮的な要素もあったのかシリアのDFを引き連れた場面も多く見られました。
a0024005_361124.jpg

だからこそ、どフリーになった際は点が取れなくても枠へシュートの意識を高めて欲しかった。それだけでも回りの評価は一変するもんだ。ただ、この日のチュンソンへはドンピシャに入ってくるボールも少なかったんだよな。
a0024005_391767.jpg

a0024005_327134.jpg

 守備意識も強く、前線からのプレスはノブリンの指導の賜物だろう。FWだから点を取らないと評価は上がらない。ただ、吾輩は忠実に起点を作ろうとするチュンソンのプレイは好きだ。ぜひ、きょう、その鬱憤を晴らしたれ、チュンソンよ。
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-03-31 03:18 | Blue/Red/Yellow
 ちとタイミングを逸してしまいましたが、28日の五輪代表対シリア戦の画像をぅpします。感想などはまた後で書くかも(のちほどと言ってまともに追記していないのが吾輩クオリティだがww)
a0024005_1639140.jpg

 家長の先制ゴールのシュートを撃つ瞬間手前手前ぐらい。この後、クロスを上げるかと思ったらゴールマウスにボールが吸い込まれました。
a0024005_16392979.jpg

ヒマラヤ平山のゴールをアシストした晃樹のFK
a0024005_16404037.jpg

ヒマラヤのゴールを打った瞬間。カレソが壁になっちゃった!


また追加予定w
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-03-30 16:48 | Blue/Red/Yellow
  けさのスポーツ紙にておかしな記事が載った。今週末の浦和対大分戦で阿部勇樹が人生初の左SBで先発するということなんだが
阿部 大分戦は人生初の左サイドバック(3・30/スポニチ)
a0024005_1213276.jpg

a0024005_12284366.jpg

【こちらはトーチュウ】
 しかし、コレを見て欲しい。サッカーマガジンの2000年5・10号。ジェフは3バックのチームというイメージが強いが、ザム爺の時に4バックを採用し、そこそこの成績を収めていた。その当時、阿部勇樹は左サイドを経験している。残念ながら記事は見つからなかったが当時、「左サイドはやりにくい」というコメントを残していた。
a0024005_12334692.jpg

 下のナビスコカップの大分戦を見に行った記憶が蘇ったよww西ヶ谷が対ウイルで危ない守備を披露していたわ…この当時、例のベストメンバー問題で物議を醸していたときだった。そして大分の監督はノブリンだ。懐かしいねぇ(w
 これは阿部本人がジェフ時代のことを忘れたのか、それともスポーツ紙の勉強不足なのか…。(スポニチはアテネで阿部勇樹が右SBをやっていたことも記憶にないようだがw)

【追記】
この後、ブルカが戦力外になり韓国の水原三星からオラロイを獲得し、突然3バックへ変更し、またまた降格危機ゾーンへ突入しちゃったんだよな。何もかも懐かしいが。
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-03-30 13:03 | サッカー

グルノーブル。

 偶然、「Special B-ing」誌の車内吊り広告の中で発見。フランスのグルノーブル38がCEOと事業開発で募集するとか。祖母井さんと一緒に働けるのか…。と一瞬夢想も、やっぱいまの仕事やめられないし、ジェフやレイソルのサッカーが見られないのは寂しいよな。
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-03-29 13:56 | もばいる親方号。
 韓国に留学中のYURIさんが昨日の水原カップ 韓国対チリU20代表戦の写真を送って来ましたので掲載したいと思います。

 朴宗真 背番号7(ジェフ市原・千葉)
a0024005_3211078.jpg

 なお、現地からの報告によりますと3-5-2の右WB(または変則4-4-2?)で出場し、後半ロスタイムにゴールポストの真横を通り過ぎる惜しいシュートがあった模様。
結果は韓国0-1チリということです。きょうにもチョンジンは日本に戻ってきますが、韓国に勝ったチリ代表が明日29日に日立台で柏レイソルと対戦(14時キックオフ)します。そちらも楽しみ。
a0024005_3224485.jpg

[PR]
by ta_ch1967 | 2007-03-28 03:31 | サッカー
きょうのニッカン。
a0024005_17215580.jpg

(´ー`).。oO(いつからフェネルバチェがジーコ軍に改名したんだろ…)
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-03-27 17:23 | 閑話休題
 海外組(俊輔と高原)、浦和組(闘莉王、阿部、啓太、坪井=ケガで辞退=)が完全合流して2日目で、全体的に悪いパフォーマンスではなかったのだから、いいスタートが切れたのではないでしょうか? きょうもTV観戦でしたが連動性はまだまだも、個々の役割やバランスを考えながらプレイするスタイルは徐々にできつつあります。
日本対ペルー(3・24/スポナビ)
 前半19分、俊輔の巻をピンポイントに捉えたFKは見事。これで巻は代表初ゴールですよ。ようやく雑音を封じることができるんぢゃないかな?俊輔はもともと走れないのでは?と危惧していたけど倒れなくなっているし、だてに海外でプレイはしてませんな。後半も俊輔のFKから高原がゴールを奪いましたが、ベースとなった国内組、エレガントさを持つ海外組が短期間で融合できたことがこの試合のポイントと言っても過言ではないでしょう。もちろん、まだ喰い足りない部分はあるけど、このチームの今年の目標は7月のアジアカップでしょ? まだ時間があるし、もう少し時間をかけてチームが作ることができたら化けるかも知れませんね。
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-03-24 23:53 | Blue/Red/Yellow
 日本代表第1戦のペルー戦を控え、代表が25人召集された。FW高原に加え、巻、矢野、寿人、松橋(初)を召集した模様。
 まだ本来の動きを取り戻していないと思われる巻は意外な人選だったが、ネットでナビスコ神戸戦の観戦記を観て回った限りでは、得点に絡む動きが復活した模様だ。この辺は確認できていないので、ペルー戦を見るほかないわけだが。
<背番号入り>【キリンチャレンジカップ2007 ~ALL FOR 2010!~(3/24 対 ペルー代表@横浜国際総合競技場】日本代表メンバー(3・23/JFA)
 そのほかにU22から晃樹(初)、家長(初)、本田の3人が招集された。おそらく試合に出場することはないだろうが(28日のシリア戦のほうに優先されるはず)ジーコ時代は下の世代から合流したのは大久保ぐらいぐらいだっけか? 本当に稀で、 Aと五輪、U20では別チームとして活動していたためリンクすることはなかったが、将来のA代表として帯同するんだろうな。
 
a0024005_1561632.jpg

俊輔、高原&浦和勢そろい変則紅白戦(3・23/日刊)
 昨晩の千葉県内で行われた紅白戦のメンバー(日刊)。おそらく下のメンバーで先発(若干の入れ替えはあるだろう)するはずだが、上のチームの布陣を見て、あっ、なんとなく2バック的な布陣だな、と思った。
 イビッツァが2年前に導入した2バック。変則4バックなんだけど、ボランチの底が上下を繰り返してゲームの途中で変幻自在に3バック、5バックに移行できるシステムを試していたが、啓太の位置を見るとなんとなく、それを試していたのかな(笑)。実際、生で見ていないのでなんともいえないけどね。(駒野もCBで起用しているので緊急的な布陣だけどw)
 イビッツァがさかんに使っているポリバレントという言葉は、マスメディアでは複数のポジションをこなすことを指して使っているけど、実際はゲームの中で攻撃と守備の切り替えの速さを指しているんだと思う。常にゲームを俯瞰しながらバランスよく切り替えを速くするのがオシムサッカーの真骨頂だ。
タカ巻はいかが?<ジェレミー・ウォーカー>(3・22/FC JAPAN)
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-03-23 15:29 | Blue/Red/Yellow

春眠。

a0024005_13121853.jpg

a0024005_13121831.jpg

 陽気に誘われて、歌壇でおねむなひなチャソです。
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-03-23 13:12 | もばいる親方号。