ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー

<   2007年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

まず、はじめに千葉犬北西部のHisaさん、応援お疲れ様ですた。(挨拶)

13時、横浜・三ツ沢へとなると余裕を見て10時出発をすれば間に合うだろう、とのんきに構えていたら11時近くに起きてしまいました(自爆)。
 急いで出てきたので着の身着のまま。「乗り換え案内」で調べてたら、どう急いでもキックオフから10分は遅刻とわかり、げんなりしながら快速アクティーで横浜へ向かいました。
しかし、ここからが負の連鎖のコングリマット現象ですよ、奥さん(謎)。
 品川で10分間の謎の停車。アナウンスもなく途方に暮れていたら前を走る電車の車両点検で遅れていたんだと。さらに最悪だったのが横浜駅から三ツ沢グラウンドへ向かう際、隣の岡野町バス停まで10分を要したことか(自爆)。だから休日の横浜は嫌い!


 こんな不平不満を抱きながら三ツ沢球技場へたどり着いたのが前半38分ぐらい。スコアは0-0だったけど、予想に反してメインスタンドが超満員(のちに主催者発表で2600人とアナウンスされる)で席を探すのにひと苦労。福島のクラブにしては観客が多いな、と思ったらテプコ・マリーゼが優勝すればL1昇格だったのね!


なんて一番てっぺんから観戦していたらドリブル突破から一気にチャンスを作ったマリーゼが終了間際に先制弾をブチ込んだ。

そして後半。
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-10-29 18:03 | ジェフ
このごろ「ひなチャソ」の出番が少ないぞ、とお嘆きの貴兄に…。いろいろな意味でうちのひなチャソ画像で癒されて下さいネ。
にゃんこユナイテッドの中の人からのリクエストです(笑)。
a0024005_16313525.jpg

 現在この写真を吾輩の携帯の待ち受けにしちょります。【今月上旬撮影】

まだまだありますよ。
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-10-28 16:50 | ネコ
a0024005_14424590.jpg

浦和アウエー対策で白サポーター依頼!? (日刊)
 えーと、浦和レッズの藤口社長の脳内はこんなイメージではないかと思われますが…↓

【オマーン戦のひとこま 2004.10】
オマーンのスタジアム、そして現地の人々。(+++AtoZ+++)

>(1)白装束対策 イランといえば白装束のイラン人で真っ白にスタンドが染まるイメージ。

アザディスタジアム(+++AtoZ+++)

【テヘラン・アザディスタジアムの人々】
参考画像等が代表戦ということもあり、規模とかシチュエーションは違いますが、藤口社長はアラブとイラン(ペルシャ)の文化を混同しているように思われます(と、同様に勘違いを垂れ流しする日刊スポーツもどうか、と思われますけどw)。

BS朝日のセパハン対川崎の試合でもこの白装束の観衆は見かけなかったし、吾輩がイラン(テヘラン近辺だけだけど)に行った時にも皆無だったな。女性は黒装束を着ていたけどね。

一応参考までに、川崎もアウエー対策イベントで「教材」として使っていたこの映画を紹介しておく。
オフサイドガールズ公式
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-10-27 14:59 | サッカー

天皇杯5回戦会場決定。

Jリーグも佳境に入りましたが、並行して開催される天皇杯の5回戦の会場が決まりました。
【第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会】5回戦の開催会場および入場チケット販売について(JFA)
第87回天皇杯5回戦会場&トーナメント(PDFファイル)
 ジェフは勝ち上がればフクアリでまた試合が出来るアドバンテージ。ただし、相手はガンバか山形。普通に考えればガンバでしょうが、ナビスコ杯の激戦の後の7日に対戦。落とし穴があるかも知れません。まず、4日にきっちりと大分に勝つことが肝要です。いまのところ大分には負けていないものの、カップ戦の一発勝負では何があるか分かりません。特にジェフha(ry

 一方、レイソルはなんと松江市陸上競技場で名古屋と草津の勝者と対戦します。
松江市営陸上競技場(わかの観戦日記)
 松江というと吾輩が中2の時に一人旅で行って以来2*年も行ってない(爆)なんとしても名古屋には頑張ってもらい、古賀の落とし前を松江で果たさないとな! その前にJFLの強豪、HondaFCを叩かないといかんし! まだスケジュール調整ができないので流動的なんですが、なんとか日立台に参上したいですな。
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-10-25 19:57 | サッカー
 きのうは稲毛でのTG、ジェフ対静岡FC戦を見てきましたが、内容は週末に関わるのでちゃ~く。
 スコア的には負けてしまったんですが、いろいろな選手を試せたと思ってます。
 印象的だったのは静岡FCの藤川孝幸監督。(なつかしね、ヴェルディというよりはTVのPK合戦での出番が多かったような…w)選手を決して貶さず、どこのポジションなら、こうするべきだろう、と選手に「考えさせる」ことを促すやり方をしていた。元Jリーガーの清野、レイソルにいた藤田雄馬などもプレイしてました。しかし、試合終了直前に流れを切るために「ファウルでもいい」というのはどうなのかと思いますけどねw。

ネコたちをご覧下さい。
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-10-25 12:51 | ジェフ

1994.10.23。

 きょう、ふと思い出したのが13年前に川越でNTT関東戦(現在大宮)に1対0で勝ち、旧JFLで2位を確保してJリーグ昇格を決めた日なのです。吾輩は所用で都内にいて昇格の瞬間も、その後柏駅のデッキで行われた報告会でカレッカが黄色いアフロのヅラを被って「Jリーグ!」と叫んだところを生で見ずに、当時住んでいた市川のアパートで涙目になって見ていたのが懐かしい。

 その当時を知る選手はベルマーレにいる望なんだけど、まだ出番自体は少なかった覚えがある。
a0024005_1712683.jpg

 そういえば、先日練習試合、レイソル対ベルマーレ戦では当時のエースストライカー、大倉智がベルマーレのフロントとして日立台に来ていたな。彼はJ1昇格後、ジュビロ、ブランメルへと渡り歩き、スペイン留学を得て、フロントに。セレッソから現在はベルマーレ。
 シモと談笑していたがきな臭いことがないように…(-人-)



さて、それだけではなんなんで。

コレ。10.21の試合から。
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-10-23 17:14 | レイソル
 怒濤の攻撃でサトルが放ったシュートがゴールマウスに吸い込まれたとき、ジェフ側のゴール裏はボルテージが最高潮に盛り上がった…のも束の間、非情にもオフサイドの判定。一時は同点に追いついたと思われたが、第2線審(あえて副審とはいわん)の中込君の判定により、1点は取り消されてしまいました。
10月20日(土) 2007 J1リーグ戦 第29節千葉 2 - 4 浦和 (19:05/フクアリ/16,756人/JsGoal)

 この日のジェフは立ち上がりはいい意味で拮抗していたと思う。ワシントンや達也へ入ってくるボールに対し、大輔や水本がタイミング良く体を入れて前を向かせなかったし、浦和が押しているようには見えていても、チャンスらしいチャンスを作らせなかった。

 悔やまれるのはワシントンの1,2点目。サトルの後ろのスペースを使われたのだけど、不用意にラインが後ろに下がり過ぎたと思う。これがアマルがコメントに残した「リスペクトし過ぎ」ということなのだろう。勇気を持ってもっと前でボールを奪う意識をもっていないとなかなかレッズみたいな個だけのチームに対峙できない。

 前半に関しては起点のポンテ、ペナルティエリアでは絶対的なワシントンに対し気後れしてしまった気がする。

 後半始まってすぐにもポンテに決められたが、これもジェフの悪い癖だな。試合開始のばたばたしたスキを衝くレッズだが、ジェフも黙ってない。

 トーミのふわっと浮かせたボールに反応した、後半から出場のレイナウドが技ありループで反撃開始。

さらにペナルティエリア外からの直接FKでレイナウドの放ったボールがレッズの壁に当たったこぼれ球を羽生がシュートし、ゴール。ここでイケイケになったところででで冒頭の幻のゴールへと繋がる訳です。

 ここでいったん殺がれた勢いは回復せず、ロスタイムに1点取られ4-2。でもこれは1点を取りに行った結果であるから仕方がない。

【追記】
ちょっと日を置いちゃったので追記しようとしたことを思い出せない(自爆)
 とにかく、時間帯によってはレッズの奴らを凌駕する動きが出来たのだから、残りの5試合の相手広島、G大阪、横浜M、清水、名古屋に生かすしかないよね。いまはとりあえず目標は3勝2敗。ちょっとハードルが高すぎるかも知れない、2位G大阪や苦手な清水、名古屋が残っているからね。でも、アマルが我慢しながら培ってきたサッカーを実践するしかない。2試合サスペンテッドのトーミ、ケガで出場が危うい、晃樹、勇人など不安材料はあるけども…
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-10-21 13:40 | ジェフ

こちら、HALF TIME前。

a0024005_16465656.jpg

a0024005_16465664.jpg

a0024005_16465612.jpg

長蛇の列を眺めながらペンネを頂きます。
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-10-20 16:46 | もばいる親方号。
 実は今月はじめの甲府遠征の途中でパリーグクライマックスシリーズのチケットを購入するはずが、朝まで飲んでいて高尾に向かったはずが気がついたら四谷でした(謎)。
 チケットが完売し、諦めて15日は某所でTV観戦を決め込もうとしたら、某掲示板にて14日午後10時頃にチケットを譲ってもらうことが決まりました。急いで札幌千歳行きの航空チケットを押さえて札幌へ。
a0024005_14575091.jpg


クラーク博士が眩しかった。

More
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-10-19 15:17
U-22カタール 2-1 U-22日本(スポナビ)

通勤途中、駅のキオスクに並ぶ夕刊紙の見出し…

「ドーハの悲劇、再び」?

うーん、悲劇なのかねぇ…

ただ「悲劇」的な負けと思えるほど、カタールを圧倒していたわけではない。
吾輩はぐだぐだとされる後半から見たけど、攻めるカタールに受け身になり過ぎてラインが下がりっぱなし。引きずられるように中盤も間延びになってワントップだったチュンソンが孤立。サイドから内田や家長が攻め上がっても前線が数足りていない状態で攻めが停滞していたし…。


 交代で出て来た家長もデカモリシも機能していたとは言い難いし、両人ともご丁寧にイエローを食らい次節出場停止。

 反町は目を腫らしながら記者会見に臨んでいたが、彼の采配ミスは明らか。守りにいくなら徹底的に守らせるべきだったし、ロスタイムのPKは不運ではなく、ペナルティエリアまでカタールに攻め立てられたのが遠因。
 ホームの国立の試合でもでも思ったのだが、カタールの選手のシュート精度は日本より低い。なにを怯えてあそこまでラインを下げたのだろうか。
[PR]
by ta_ch1967 | 2007-10-18 16:43 | Blue/Red/Yellow