ジェフ&レイソル兼任サポひとり千葉ダービーマッチ男、ことちぃちぃにょ?親方の日々の書き記すまま。 ログは「小」または「最小」でみるべし。


by ta_ch1967
カレンダー

<   2008年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

今季、日立台最後のゲームであり、契約終了が発表になったノブリンのホーム最後の指揮である。相手は古巣のひとつでもあるナビスコ王者の大分だ。相手に不足なし。ここで勝って花道を飾ることができたら「日立台劇場」大団円だったけど
a0024005_93019100.jpg

実質5バック、ボールの出所にはベタベタに執拗につくマンマーク。守備から素早くカウンターアタックを繰り返す大分、さらにカウンターを受けながらもカウンターで押し返すレイソル。一見、前半レイソルの法がチャンスが多く見えたかもしれないけど、それが大分の術中だったのかもしれません。
先制点が分水嶺だとは思ってましたが、膠着状態が続いた後半32分、右の小林亮のクロスを鈴木慎吾が決め、その3分後にはセットプレイから上本のヘッドで追加点。わずかな綻びを抜け目なく衝いてくる大分。レイソルも圭輔やキタジを投入するも攻める糸口をつかむことなく無常のホイッスルが鳴ります。
a0024005_9305410.jpg

a0024005_9313545.jpg

ノブリンが感極まって「何も言えん」と唸ったとおもったら06年からのレイソルの思い出を、そしてきょうの勝者、大分への賛辞を語った後、突然

「Yes,we can!」


を連呼するノブリン(笑)

締めに「レイソル最高!」と叫ぶ。いや、最高はノブリンだよ。でもまだサヨナラはいえない。吾輩は神戸には行けないが、岡山、エコパには駆けつけるつもり。「日立台の千秋楽」の無念は天皇杯で晴らすよ。

拡声器を持ったノブリン
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-11-30 09:40 | レイソル
ノブリンのイメージを絵で例えるならばミレーの「種を蒔く人」だ。J2から出直すことになった06年鹿児島キャンプの午後の練習を見学に行ったときのこと。閑散としたグラウンドで一人ポツーンとコーンを歩幅で置いて行く人がいた。最初スタッフだと思ったが、よく見たらノブリンだった。いち早くグラウンドに立ち、豊富で一見「遊んでいるんじゃないの?」と思えるような練習メニューはそんな孤独の時間の中から編み出したのではないかとさえ思う。
a0024005_3575681.jpg

石崎 信弘監督 契約終了について(レイソル公式)
 ちょうどコーンを置いて行く姿がこのミレーの名画とダブる。

レイソルがJ2に落ちたときは絶望に打ちひしがれ「荒地」のようになっていたが、土台から鍛え直して「土壌」を豊かにすることが出来た。だが、レイソルはまだ発展途上のチーム。どんどん若手を鍛え上げなければならないが、もう少しノブリンに鍛えて欲しかった。

さあ、今週の大分戦は日立台&ノブリン最後のゲーム。勝ってノブリンを快く送り出してあげたい。いや、天皇杯もあるな!
【ノブリン写真館】
a0024005_3522923.jpg

レイソルの良き指導者であると同時に「オヤジ」でした。
a0024005_3564274.jpg

ノブリンは兎に角走る!国分キャンプでは帰り道に走って帰るノブリンに追い越されたこともあった。
a0024005_3571130.jpg

06年の新年激励会でレイ君と握手。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-11-28 04:18 | レイソル
柏レイソルU-18所属 酒井 宏樹、比嘉 厚平、工藤 壮人、山崎 正登、武富 孝介 5選手新加入内定
レイソルに来季入団するユースの5選手はサテライトや練習試合でもおなじみの顔ぶれ。酒井君はサイドバックだけど高さとスピードを兼ね備えていてレイソルにはあまりいないタイプ。比嘉君が3月のユースの大会でケガをしてしまいほぼ1年を棒に振ってしまったけど、晴れて正式にレイソルの仲間入り。工藤君、山崎君、武富君もユースの大会で活躍し、とくに山崎、工藤君は今年の鹿児島キャンプ、対京都戦でもトップと遜色ないプレイを披露してました。さらなる成長が楽しみ。
彼らの姿を早く見たいという方は本屋でこんな本を探し見て下さい。U-15当時の彼らがモデルをやってます。
サッカー シュート&ドリブル上達BOOK(成美堂出版)
a0024005_1344554.jpg

[PR]
by ta_ch1967 | 2008-11-27 14:06 | レイソル

ラーメンあや@千葉中央

エキブロが長時間メンテナンスを行っていましたが、書きたいことがもうすでに過去になってしまいましたwww

 まあ、ウチはニュースサイトではないし、サッカーブログと見せかけて実はネコブログを目指しているし(え!)。

 今回は久々食べ物の話題を取り上げます。月刊「ぐるっと千葉」で紹介されいていた千葉にある「ラーメンあや」にお邪魔致しました。

題名には千葉中央としましたが、一番近い駅は千葉モノレールの「葭川(よしかわ)公園」で、千葉銀座の通りの東隣りあたりにある。半地下の店舗はラーメン屋というよりは軽食ができる喫茶店風。
夜伺ったのでちょっとわかり難かったのですが、黄色に赤い文字で「あや」と書いてあります。
a0024005_247127.jpg

この日頼んだのは「牛すじ野菜ラーメン」(700円)。写真は野菜をWに増量した、いや、Wというよりはタワーですなw

 メニューには細麺となっているのですが、出てきたのは中太平打ち麺で出てきました。店内の貼り紙によれば「野菜Wの方は平打ち麺も選べます」と書いてあったのですが、野菜Wだとコレだけ盛りがスゴイから、麺が出てくるまでに伸びちゃうのかしら?w

「二郎」や「無限大」「角ふじ」などでビジュアルは慣れているけど、器が小さいのでどこから食べるのか躊躇。こういうラーメンは野菜から食べ始めるより、なるべく麺をほじくり返しながら食べないと麺が汁を吸ってしまうので大変。
とかいいつつ「汁まで完食した人は声をかけてください」との貼り紙もあり、ワクワクしながら全部食べてしまいました。店の人に伝えると次回使える煮玉子無料券を頂きました。

味はというと、スープはしっかりとしたとんこつ醤油で、野菜の甘みと牛すじの旨みが程よくアクセントになっていて美味でした。ビジュアルは「二郎」ですが、どちらかといえばスープはあっさり(野菜Wだから薄くなっちゃったのかな~)、にんにくや背脂は注文時に頼まないと入らないようです。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-11-27 03:22 | 食べ物
久しぶりにこのフレーズを見ました
a0024005_173116.jpg

「生き残るのは俺達だ」

10年前、残留をかけて市原臨海で戦っていたジェフのゴール裏にはこの横断幕が真ん中にデーンと鎮座していた。そのときに引き戻されたキモチだった。
a0024005_185642.jpg

木漏れ日が眩しい、夕日のフクアリ決戦で迎え撃つのは勝ち点39の横浜・F・マリノス。
a0024005_18915.jpg

この日はいつもと趣向を変えてジェフのラスタユニで参戦しました。背番号15は茶野でもなく、井幡でも増田でもましてや国王ではなく、1994年マスロバルの加入で出番を失いつつあったリティが背番号10以外の番号を背負ったのが「15」(当時は固定背番号ではなかった)だったのです。4月のフリエ戦に交代出場、ワンタッチで勝ち越しゴールを演出したときにつけていました。そして「二度と」リティが背負わないようにという願いを込めて作ったのがこの15番ユニだった。吾輩の中で由緒正しき(?)ユニで残留をかけるも…

結果は残念ながら0-3でマリノスに完敗。前半だけならどちらに転んでもおかしくなかった。攻める意識はマリノスの方に分があったが、サイドで簡単にボールを失う場面もあったので付け入る隙はあったはず。でもいかんせん、ロングボール多用が相手に見透かされていたようで、なかなか前線にまでボールが行き渡らない。

試合が動いたのは後半9分、マリノスの兵藤の一発だった。ここでジェフのメンタル的な弱さなのか、守備に綻びが見え始める。
 空いたスペースに次々蹂躙するマリノス。その2点目は小宮山のミドルが炸裂。金のトドメの一発で畳み掛けられる。ジェフもレイナウド、ミシェウを投入するが前線に攻撃のタメが作れないためにマリノスに賢く守られてしまう。刻々と刻まれる時間。

 この時間帯で最大のチャンスはミシェウが倒された場面だったが、残念ながらノーホイッスル。ロスタイムは4分だったが、手も足も出ない状態でタイムアップ。


結果は残念だけど、下を向いている時間なんかない。あと2.泣いても笑っても、ジェフに残された時間は2試合、180分余しかない。99年の時のようなミラクルを見せることができるか。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-11-24 01:56 | ジェフ

津軽のネコよ~♪

今週の月曜から木曜日まで青森へ旅に出た目的はここの写真に書いてある↓
a0024005_2240368.jpg

「太宰文学と安東水軍の歴史」の「安東水軍」の歴史の方に興味があったからです。500年前に北方や中国、朝鮮半島との交易で栄えたとされる「十三湊」。その後、大きな津波によって全滅したとされる港町ですけど、遺跡からはその痕跡はなく、焼失した家屋の跡が出てきたとか。当時、南北朝時代でその争乱に巻き込まれて衰退した、という説もあるようです。↓今回の相棒は折り畳み自転車デス!
a0024005_22421171.jpg

まさに「兵どもが夢のあと」。
a0024005_22461635.jpg

当時の博多と匹敵する都市があったとは思えないほど鬱蒼とした湖畔。↓
a0024005_22425552.jpg
a0024005_22432836.jpg

ここを北上すれば小泊を通り竜飛岬へと行けるが11月中旬から通行止めに。
a0024005_224431.jpg

岩木川には白鳥の姿も。

十三湖のほとりにあるしじみラーメン「和歌山」へ食べに行くために資料館からエッチラホッチラチャリを漕いでいたら三毛猫タンに遭遇した(w
a0024005_22481831.jpg

♪~
a0024005_22485798.jpg

「何?」
a0024005_22492272.jpg

a0024005_22494768.jpg


「だから何?何か用?」

いいや、別に(w
湖畔の道をてくてく歩く三毛猫。ちょうどひなチャソと同じぐらいの大きさかな…。

この日は陽気も良く、このネコタンもアクビとかしていたんですが…。

その2日後。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-11-22 23:03 |
ジェフから水戸へレンタル中の朴宗眞が韓国Kリーグの新設球団江原FCのドラフトに2位で指名されたようです。韓国ではドラフトが導入されており、ドラフトに指名されるには自分から届けを出すような仕組みなので自らの意思で韓国へ戻ってしまうみたいです。

韓国ではU20、U-22の代表に選出された彼も将来性を買われてジェフに入団するものの、出番に恵まれず今年はジェフリザーブスからスタート。その後、請われて水戸にレンタルされたのですが、なかなか出番がなかった模様。
Kリーグドラフト結果(Kリーグ公式/韓国語)
NAVERインタビュー/韓国語
このインタビューの後半ケガに悩み「新たに出直すならKリーグ」という考えに至ったようです。まだ公式に決まったわけではないのですが、来年からはアジア枠も採用されるかも知れないので、もったいない気もしますけどね…。

各クラブドラフト指名選手公示(韓国へ行こう・koreanfootballnews)
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-11-21 04:41 | ジェフ
カタール0-3日本(スポナビ)

旅から帰って職場へ直行、帰ってきたのは午前様。吾輩がいない間はひなチャソは親が面倒見てくれたが、久々(といっても3日だけど)に顔を合わせたらニャーニャー啼きながら凄い勢いで飛んできたww

 時計をみたら午前2時だ。
ということでカタール戦を生で見たのは後半20分ぐらいまで。そこからは眠くて吊男のゴールまではもたんかった。

カタール戦前はテレ朝をはじめマスコミがさんざん煽り「負ければ岡田辞める」みたいな見出しが踊っていたような気がしたけど、蓋を開けてみれば3発快勝。

そういえば15年前のドーハの悲劇は相手自体は「イラク」だったし、カタールとの対戦成績の悪さはあれど、参考でしかない。自分たちが帰化選手や名将ブルーノ・メツという存在をむげに恐れ、カタール代表を必要以上に強豪にしたててしまったような気がする。

ま、ジェフサポにとっては
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-11-20 17:09 | Blue/Red/Yellow
さて、吾輩の津軽の旅もきょうで終わり。あまりサッカー関係のニュースを入れてなかったのですけど、断片的に犬飼JFA会長の「暴走」とも思えるJリーグの秋春制、ナビスコU23化、天皇杯のベストメンバー規定のことは知ってました。そして、けさの日刊には
犬飼会長改革案にJ鬼武チェアマン反発(日刊)
なんですかねww

暴走する会長にJの頂点が至極まともな答えで歯止めをした格好ですけど、鬼武氏も協会内では副会長の立場。このところの犬飼氏の暴走で「独裁政権」と見られているのを和らげるためのポーズにしか見えないのはなぜだろう(w

秋春制を論じるなら、まず、東北、北海道でこの時期に会合を開くべき。会議場とかではなく、スタジアムでね(笑)例えば使用用途がない宮城スタジアムでとか。

2010年に導入したいのは会長職をもう一期延ばすために、手柄のひとつでも残そうという魂胆が見え隠れするね。


a0024005_1219376.jpg

けさは浅虫温泉「ゆ~さ浅虫」でひとッ風呂浴びてきました。
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-11-19 12:15 | サッカー

津軽にある「柏温泉」

さて、津軽の初冬の旅二日目です。
吾輩が泊まっていたホテルから2-3㌔西に「柏温泉」があるということで早速、折り畳みのチャリでいってまいりました。
a0024005_18475317.jpg

津軽富士「岩木山」は天候の不順で頂上付近が雲に隠れてしまってます。
a0024005_18481573.jpg

そのふもとにあるのが「柏温泉」。現在は周辺の町村が合併して「つがる市」となっておりますが、ここはもともと「柏村」と呼ばれたところ。旧柏村が姉妹都市だった関係で「つがる市」とは姉妹関係にあります(レイソルコーチによるサッカー教室なども開催されたとか)。
 そんなわけではないんでしょうが
a0024005_1848336.jpg

地元を走る「弘南バス」のバス停の色がさりげなくレイソルカラー(単なる偶然ですw、実際黒というよりは濃紺でした)
温泉自体は真ん中に長方形の湯船を配置し、サウナ、休憩用のお座敷などもありますが、平日の朝はじーさんしかいませんでしたww

入浴料は390円、朝5時半から開いているようです。

この近くに「イオンつがる柏SC」もありますが、イオンさん、「柏」に2店も出店しているんですねw

a0024005_18485050.jpg

 そこからまた2㌔ほど西に行ったところにあるJR五能線木造駅は、地元から出土した遮光器土偶を模した駅舎で有名です。

でも、途中、通り雨ならぬ「雹(ひょう)」が降ってきて、こちらの雹、痛い、痛い(汗)。
ずぶ濡れになってせっかくの温泉効果も台無しでしたよwww
[PR]
by ta_ch1967 | 2008-11-18 19:10 |